Youtubeやディスクも買ったのにモルカー映画を見に行くのは何故か?-let’s PUIPUI Molcar!-

モルカー(Molker)
この記事は約7分で読めます。
楽天市場

PUIPUIモルカー

もうご覧になられたでしょうか?

羊毛フェルトのモフモフとした「モルモット」をモチーフにしたぬいぐるみがはちゃめちゃに動くのが楽しい「PUIPUIモルカーの世界」。

Youtube突如オススメに上がってきて、なんなのかわからずにとりあえず1話だけ視聴してみようと始めたのがきっかけだった。

ストップモーションアニメーションといえば昔のNHKで見た「ニャッキ!」が思い出させるわけなのだが、時代は進みこのジャンルがここまで進化を遂げていたと感銘を受けた。きんだ〜てれびというテレビ東京で配信されているチャンネルだが、

とりわけ子供向けの番組が多いから、親子でならわかるが大人が個人で楽しむものというには外れている気がする。だから本来ならモルカーのような「子供」がキャッキャして楽しむようなものを好むだなんてあっちゃダメなんだろうなというストッパーが働いてしまう。世間の目を気にする器量の狭い形だ。

しかし、そんなものは見ていて5秒で投げた。

モルカー

表情豊かで泣いたり喜んだり、動きも一つ一つが丁寧に作られているから動きもしっかり練られていて後術する絵コンテからも見られるこだわりの深さ、子供は色々動くモルカーを楽しむことでのめり込めるが、大人は大人で思考錯誤に作られた手作業を感じながら、ここはこういう元ネタからインスパイアされて、こういう作りになってるんだと分析して楽しんだり出来るという年齢などどうでもいいと思う作品。

「ポン太のくせに生意気だぞ!」噂のSFストップモーションアニメ「JUNK HEAD-ジャンクヘッド-」を観に行く

以前にジャンクヘッドというアニメーションを観させていただいたが、同じように動きだけでも心が動かされる=アニメーションというものを肌で感じられて、物語の全貌がまるで見えないものだがそれでも面白い!と思えるもの。

声優の演技力というのもアニメを楽しむ上で必要不可欠な存在だが、それだけじゃないというものを改め認識させられる素晴らしさ。

#とびだせ!ならせ!モルカー3D版

モルカー映画

私が今回見たのが3D版の方で、実は人生で初めての経験である。大体の映画は通常通りで3D映画を見るにはこうして遠出しなければいけないので、手間かけてまで見るなら普通のでいいやと妥協してしまう。

3dメガネ

人生初・・・でもないが3Dメガネを購入。映画館で買ったことないから五百円くらいすんのかなとかちょっと身構えたが百円程度だった。

(いつもならポップコーンとかコーラなどの飲み物添えてシアタールームに入るところだが、貰えるボール何が出るのかな?で頭いっぱいで忘れてしまった。)

やはりというか親子のペアが3組ほど、独身貴族は私だけと誕生日パーティに招待されてないのにきちゃったかのような場違いさ感はなんか感じてしまった。片手にモルカーボールとスマホ持った怪しい大人だから、映画泥棒のように通報されるんじゃないか?という変な人だ。

モルカー

映画ならではの轟音と、3Dメガネで得られるキャラクターが飛び出したかのような迫力こそあれど「中身」はほぼ購入したディスクの通りで内容も全部Youtubeやアマゾンプライムで知りまくったものだ。なんなら1話1話を10回以上回してるから細かな所まで見ている。わざわざ映画館まで見にくる必要あるのか?と、突っ込まれる可能性は高い。

上映時間36分程度。もしかしたら映画始まる前のCMの方が長いんじゃない?と思ってしまうほどのあっという間に終わる。一つの話が終了時はスタッフが乗ったクレジットが上がるがそこだけは最後に回すため、暗転のみとなっていた。

スタッフロールの際にメイキング画像が流れていて、作っているシーンをもっとじっくりがっつり見たいというかそれだけのDVD欲しい!とすら願うくらい興味がある。ジャンクヘッドも同じようにメイキング映像が出ているがことの大変さを感じさせる内容だった。

#3D映えした好きなモルカー回

強いていえば全部の話好きなわけだが、あえて絞るなら

プイプイレーシングの回。

ポテトたちお馴染みのメンバーがレース場にて集まり豪華賞品を獲得するため競い合う話。その中で初心者マークをつけているアビーのみジェットをつけての参戦だった。

障害物にぶつかるポテト、押すな押すなと言わんばかりのシロモ、にんじん食べてパワーアップしたら制御できなくて激突するテディ、アビーにつけていたジェットが暴走して補給コーナーのにんじんがばら撒かれて釘付けになったチョコたち・・・とあるが、絵コンテだとピットインした際にアフロやらリーゼントやらにマイナーチェンジが施されているシーンが描かれている。尺の都合上カットの模様だが、リアウイングをつけたモルカーが存在していた。(ディレクターズカット版みたいなものが出たりするんだろうか?)

ラストはプライドの高いアビーが仲間達と共に豪華景品を食べるで終わるが、舞う紙吹雪が3D映えして普段とは違った感じで見応えがある回だと個人的感想。

モルミッション

何者かに囚われてしまったトレジャーモルカー(絵コンテだと金モルと書かれている)を救うため、チョコとテディが敵組織へと侵入する話。

可愛いandカッコイイのド派手なアクションと、メカシャークと呼ばれる文字通りの毛色の違うものの登場ととにかく話題になった回でフェルトを使った煙と爆発演出がもはや芸術の域と大人を感心させる。カプコン製のヘリコプターのように落とされてしまい、その残骸がモルカーに危うく当たってしまうというハラハラ感も押さえている。

何故かテディに小型爆弾が搭載されていて、4話同様にお尻から発射されるという女の子の設定が薄まるくらいよく出している。マシンガンやトゲ付きのシールドを付けれたりと武装して戦うのも専ら彼女だけだ。

爆発に巻き込まれてどうなったかと思ったら、微笑ましいオチで終了する回。

モルカーを派遣した組織はなんなのか?金モルは何故捕まってしまったのか(お宝探しでドジ踏んだと思われるが)武装できるテディはどういう存在なのか?大惨事を招く恐ろしい兵器メカシャークとは一体?など、

結局これなんだったんだ?って首を傾げる設定ではあるが、その場その場を楽しめばそれでいいモルカーなので「気にしない」が正解だろう。実際に、めちゃくちゃ面白いものだったのだから。

すべってサプライズ

全体的に見ても労力が半端じゃないと思われるほどのモルカーの動き。最終回でもモルカーたちがポテトの家に一斉にやってきてパーティをするという豪華絢爛な話だが、こっちは氷で滑りながら一体一体のモルカーの細かな動きを再現しながら回す鬼のような作業。

氷で足をバタつかせるだけでも大変なのに完成したのが本当にすごい。

街中の交差点にて男女がプロポーズを果たそうとしている、DJモルカーから流れるリズムに乗って二人の中を一層に盛り上げようとモルカー達はダンスを披露する。

ここで出てくる頭にエビをのっけた寿司モルカーという、寿司屋コラボにおあつらえ向きなモルカーの登場したり2話に登場したパトカーモルカー。シロモがいまだにゾンビのまま生活したりと世界観がリセットされる1話完結型のものじゃない実は全部が繋がっているんだよという演出。(かもしれない)

競走馬でいう「ソダシ」のような綺麗な純白とピンクの鼻と窓、お花がデコレーションされたウエディングモルカーという結婚カップル専用のモルカーとこの話は「おもしろおかしい」世界観じゃなくて、楽しくハッピーにそしてこそばゆい(主にパトモル)そんなほっこりした話。1分1秒余すことなく楽しいこの回はお勧め中のオススメ。

モルカーパンフレット

モルカーのパンフレットは980円。このグッズに掲載されている絵コンテと本編を見比べると新しい発見があって面白い。先程のプイプイレーシングのカットされたシーンなど含め、声を発しないモルカー達はこういう感情だったんだという動きもさらにわかる仕様。

ポテトの主人は里見監督のお姉さん瑞穂さんだがコンテ内だとサラリーマンをしている20代くらい男性だ。そこまで大きな違いじゃないが、細かいトリビアとして買うのもありかもしれない。

小野ハナさんの絵コンテや里見監督の絵コンテと各話で担当は変わるが、佐藤桂さんの絵コンテのカービィにタイヤがついたようなシンプルなデザインはめちゃくちゃ可愛いから必見と個人的に思います。

テディ

映画館で数に限りがすぐに終了すると言われたモルカーボール。完全に諦めていてパンフレットだけでも買えればいいかなと思っていたが「あっさり」と入手できた。

音はこんな感じで、音が大きい映画館でもそれなりに目立つ。用途は何か盛り上がった時に一緒に鳴らして共鳴しようというもの。普通の映画なら邪魔になりがちだが、そこはモルカー全然邪魔にならない。どこかのモルモットが鳴いてるだけじゃないか?と気にならないからだ。これ目当てに映画を見にきたと言っても過言じゃないので、追加の映画特典もいいがボールも手に入るなら今のうち手に入れたほうがいいかも?

(それにしてもまた寿司屋に続いてテディが当たったが、偶然なのだろうか。)

EIKOちゃん動画系 RPG tシャツ Youtube うどん けいちょん さまぁ〜ず よしもと芸人 よゐこ アクション アクションアドベンチャー アドベンチャー アニメ・漫画 インディーゲーム インドネシア ウマ娘 エガちゃんねる カップ麺 ガーリィレコード ゲームのお散歩 コンビニ コーヒー ジャンプ系 スイーツ ストップモーションアニメ スナック スーパーファミコン ドライブ ノベライズゲーム ノーカテゴリー系 ハクスラ パン プログラミング ホラーゲーム ポケモン ポケモンGO メンタル系 モンハン レトロゲーム 台湾 宮迫です 少しHなゲーム 感動系 旅巡り、放浪、情緒。 貴ちゃんねるず

年齢恥ずかしがらずにれっつPUIPUI!あと、声優のつむぎさんお疲れ様したー!

タイトルとURLをコピーしました