続・コメダ珈琲八戸店に行く

スポンサーリンク




前回は珈琲アンド紅茶とサイドメニューでしたが、今回はメインディッシュのメニューを語りたいと思います。

ヒレカツミニプレート 〜637kcal(一食当たり)

石窯パンとヒレカツとサラダの王道スタイル。コメダのオリジナルドレッシングor醤油ドレッシングで味わうお手軽なメニュー。今回は紅茶でしたが、気温が高い日などはスカッとしたジュースで頂くのが良いかと。コメダのジュースの器が可愛らしいのが多いから、寒さが過ぎたその時には頂いてみたいものだ。

ジューシーなヒレカツと歯応えある冬のキャベツ。血糖値も抑えて程よく夕食を終えるのにはちょうどいいサイズ。バターを塗ったフランスパンも捨てがたいが石窯パンも負けじとふっくら柔らか演出。どちらを選んでもヒレカツは友人となってくれるだろう。

あんかけスパ 〜578kcal

ファミレスの定番スパゲティ。普通のケチャップ味ではなくてあえての「あんかけ」をチョイス。

ドレッシングはオリジナルでぐるり!

うーむ、太い!なのに味もしっかりと絡んで浸透している。そしてボリュームもある・・・が、辛い!

ピリ辛程度だと思っていたが、予想以上に辛かった。水が多めに欲しいところ、出来ればよくラーメン屋とかにある大きな入れ物を所望したい。こればかりはコーヒーや紅茶は無力である。

美味しかったが、ラッシーみたいなかき消すものが欲しかったなぁと我儘を言ってしまう。

フランスパンのカリッとした食感は最高である。時間が経てよろしくないが、出来立てホヤホヤはパリモチ感が味わえて溶けたバターと合わさって最高な味わいになる。あんかけの辛さを利用して食べてみたが、良き隣人として付き合えるようだ。




ミニシロノワールくまもとモンブラン 〜469kcal

今回のラスボス、シロノワールとはコメダ珈琲の有名なメニューであり、黒のデニッシュ生地と白いソフトクリームの対比から日本語の「白」と「黒」を意味するフランス語のノワールを組み合わせた造語だそうな。

季節限定メニューが何種類か出ており、今回は栗の生産地熊本の栗を使用したクリームを「モンブランのように」あしらった商品とのこと。

くまモンとのコラボ商品数量限定で販売中。

甘いものが苦手で絶対に食べないメニューの一つであったが、最近はどういうわけかこの前のミスドでドーナツやら買ったり、コンビニでプリン買ったりと真逆な舌になっている。

そんな元甘いもの嫌いから言わせてもらうと、アイスと交互に食べた時の生地のうまさ。

正直下だけだと、あまったるいデニッシュだが「ひんやりアイス」がなかなかに効果抜群な働きをしてくれる。紅茶の渋みを効かせて一切れ一切れと食べていく。デザートは別腹というが別腹なんだろうと解釈できた。

シロノワールくまもとモンブラン 〜994kcal

言い訳できないカロリーのデカさ。デブ活と呼ばれても致し方ないほどのボリューム。

ラストの締めにしては、胃に暴力的ではないかと思わせる巨体は体に収まるのだろうか?

しかし、これもひんやりアイスが促進してくれてすんなりと入ったそうな。念のためにカロリー表記はしてるが、別腹でもなんでも血糖値は爆上げ中なので食べ過ぎに注意しましょう。




まとめ ぼっちがなんぼのもんじゃ!

今はソーシャルディスタンスやらで人に気を使わないといけない時。

こういうボッチ(今回は二人だが)でも、気軽に行ける店がどんどんと増えてくれればなと思います。

一人焼肉とかそんなのわざわざ店に行かなくても、家で一人でやれば良いじゃん!とか思ってた時もあります。

しかし、外食が多めになってきたこの頃、誰かをわざわざ待って一緒に食べに行く面倒さ、我慢して「そいつ」を待つよりささっと自分で行って体験することが大事だなと考えます。

今後はiPad持って優雅に過ごそうと思います、すっかり忘れてたがCOMEKAを作ろうかなと。

ありやとやんした!