GWの手前でこっそりと青森県の富士見湖パーク「鶴の舞橋」をポケモンGOする。さくらを見るボッチ会

ポケモンGO 鶴の舞橋 クチートプチ旅行・食べレポ
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク




鶴の舞橋

#鶴の舞橋と桜並木

日本一と謳われる木造三連太鼓橋。

橋桁がアーチ状(中央部が上方向に曲線した状態)になった橋で、半円形なまるで、太鼓のような姿に見えたため太鼓橋と呼ばれている。

アーチの数では山口県にある錦帯橋が5つと多いが、こちらは全長300メートルと長く、耐久力に優れたヒバの木を存分に使用されている。

背景に見える岩木山が別名津軽富士と呼ばれ、廻堰大溜池(まわりぜきおおためいけ)に反射され逆さに映ることから、津軽富士見湖と名がつけられている。

弘前を1時間ほどぐるりとまわり「とあるカレー屋さん」が気になったが、鶴田町の方も見えておきたいため、早めに切り上げた。

ミミロップ 鶴の舞橋

#おとくなけいじばんを見る、ミミロップの図

今更ながら、知ってる人はこのめんどくささがわかると思います。ポケGOの写真モードでこの後ろ向き撮影するとき看板などにイチイチ回って調整しなきゃならないので、他人に見られると確実に変人扱いである。ある意味コロナ禍の人の少なさだから出来たことだ、とても普段じゃ難しい。

丸太の使用量が3000本と板材3000枚。「マインクラフト」でもこの大きさの橋を作るのに苦労するのに、実際に作り上げた方々には頭があがらない。

今度、映画配信される「いとみち」、メイド姿の彼女「相馬いと」が勤めている青森市にある「メイド喫茶店」。そこのオーナーがカウンター席は「ひば」産の木を使用したこだわりある席にしたいと、結構無茶をしたと一巻で物語られている。

青森ヒバは耐久力もさることながら、腐りにくく白アリの被害も受けない。木に含まれているメタノール可溶成分によりシロアリに対して強い効果が期待できると信頼されている。

鶴の舞橋
鶴の舞橋

さっそく渡ってみる。昨日までの曇り空が嘘のような温かい晴天。風もそこそこに、涼しげな冷風は歩き続けた体の温度を落ち着かせてくれる。

この前に行った高山稲荷神社はこの方角だろうか。

岩木山

一番目小ステージと呼ばれるメスの鶴の頭をモチーフにした休憩所。後ろを振り返ると岩木の尾山がデカデカとそびえたっている。弘前城の天守閣周辺からもよく見えるが、ここから見るのも中々にいいものだと、素人ながらの感想を漏らそう。

ミミロップ 鶴の舞橋

大ステージの向こう側、富士見荘のある方でまた「岩木山」をパシャリ。雲一つない青空とミミロップを撮影し、さらに奥へと足を運ぶ。

ポケモンGO

青森県でも上位に名前が挙がるだけあって、ポケモンGO内でも豊富にポケモンが溢れている。

廻堰大溜池の周辺をぐるりと回ることができるが、相当の時間かかるだろう。(一時間半くらい?)たまごがそこそこ孵るかもしれないので、日ごろの運動不足を解消するのにもいいかもしれない。

富士見公園
富士見公園

水没している木々。高台の方からぐるりとあえて湖を楽しむように周り、モンハン3の泳いでチャナガブルとかと泳いで戦ったなぁと…まったく関係ないことを思い出しながら駐車場へと続く階段を下りた。

庚申塔 鶴田町

東北でポケモンGOプレイしてる人は見ているであろう庚申塔。

#庚申塔、または庚申塚と呼ばれる石碑は中国より伝来した道教に由来する庚申進行に基づいて建てられたもので江戸時代初期(寛永期以降)頃に広まったとある。青面金剛像が主尊(一番崇められる)として至る所に見られたが、明治時代に政府から庚申信仰は迷信であると広まり撤去された。しかし、自分らが目にするものがあるようにお触れから難を逃れた石碑は、現在も大事に村落やあまり人通りのない道に設置されている。

※青面金剛は、夜叉と呼ばれる鬼神のひとつ。庚申講の本尊と知られ三尸(さんし)を押さえる神様。ヒトの体内には三種類の悪い虫が棲んでおり、その虫は寝ている間に天帝に報告し、こと次第によっては寿命を短く定められたりする。宿主には早く死んでほしいからそういった悪さを企む。

そこで対策として眠らずに集団で、徹夜で祭りを開けば虫は出ていけないので天帝、猿田彦、青面金剛を祀って宴会が開かれた。三尸への抑止力として青面金剛を石碑として配備されている理由とのこと。建立に庚申の日(60日に1回)を3年と18回続けた実績により建てられる。

本当に律義に全部の石碑がそういうことをやったかはわからないが、所々にあるということはそれだけ信仰が厚かったという証左か。

ポケモンGO

その恩恵かみしめているかどうかは定かじゃないが、ポケモンGOだとこのようにポケストップと呼ばれる名所になっていることが多い。

出現ポケモンの数が増え、ゲット用のアイテムなども回収でき、なおかつ画像のように「誰か」が説明を入れてくれたりもする(個人の編集のためかやや尖った説明もあるが)

なんでこんなところにポケストップがあるんだろう?みたいな印象を受けたことあるかと思いますが、割と場所を覚える、何がここにあったのかという情報を得るにはありがたい。

ポケストップで立ち止まらないと、確実にスルーしてしまう場所は有名な所であっても、ありがちなのです。立ち寄りの際はトリビア的なちょっとした情報を見るのもポケモンGOの楽しさだと思います。

鶴の舞橋公園 鶴田町

それにしても大きな公園だ、数十分くらいで立ち去る予定だったが、景色もよく見所も満載だ。リアルで鶴も鑑賞出来、こうしたクイズを楽しんだりと小学校や中学校くらいかな?遠足を思い出させる。あの頃は景色など全然興味なく、家さっさと帰ってゲームしたいなぁという感じだった。

…歳とったなぁ、コロナ禍とはいえ人のいないところで景色を楽しむだとか。数年前からは想像もつかないほど出歩くようになった。まだまだ公園は半分しか行ってないので続きます。

#うかつな行動か?野外フェスなど人が多く集まる所への批判

決して良い事だとは思わない。罹るリスクだってグンと上がるし、その人が罹ったら知らずに周囲にばらまいているベクターになっている恐れだってある。

だが、彼らを責められるかというと中々に面と向かって言えない。それだけ1年間の我慢というものと国の偉い人の対応への反発がそうさせているから。「ワクチン」が完成したからと言って軽はずみな行動OKかとはならないが、そこは気が緩んでしまう。コロナがじゃなくてインフルだろうとなんだろうと、効かない場合もあるし例え「ただの風邪」でも市販の薬が万事回復するというわけでもない。

確実、確かってものが何もない。

人が多い所なんて絶対行かないし、ワイワイ騒ぐ場所なども遠慮する。「ねぶた」が開催されてもやっぱいけないなぁって、残念にも思う。変異型まで日本に来てより活発化し、人同士の疑心暗鬼がさらなる厄介ごとを引き起こす可能性もある。これまで以上に気を付けないといけない。

人があまりいないとはいえ、さくら祭りや富野由悠季の世界とか行ってる自分が音楽フェスに参加した人々をとやかくいえない。

Nintendoswitch PlayStation PUIPUIモルカー Youtube アニメ・漫画 インディーゲーム ウマ娘 エガちゃんねる コメダ珈琲店 コンビニ ノーカテゴリー系 ポケモン メンタル系 モンハン 丸亀製麺 台湾 旅巡り、放浪、情緒。 映画 競馬系 貴ちゃんねるず