明けましておめでとう 高山稲荷神社その1

プチ旅行・食べレポ
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク




明けましておめでとうございます。去年の冬あたりにはすでにコロナの報告があり、我々日本では「対岸の火事」と捉えて、あまり大きく捉えずインフルエンザの一種で雨季には軽減され、夏あたりには経済の回復の兆しが見えたと安堵していた。

当然の目論見は外れ、今現在も猛威を振るい医療関係は疲弊、飲食など全般的なサービス業への打撃は一般人の目から見て火を見るより明らかだ。なのにも関わらず、平気で人々を混乱に陥れてさらにそういった頑張りを無視して言葉の暴力を投げつける輩もいる。

幸いにと東北は増えつつもあるが、大規模にまだなっていないので変わらずに「人のいないところでトコトコ散歩」する。は今年も続けようと思う。仮にポケモンGOなど位置ゲーがなくなったとしても、これは変わらずにやっていこう。

青森県 つがる市牛潟町

高山稲荷神社にお参りしてきました。青森県の東側、屏風山の真ん中に位置していて、五穀豊穣、海上安全、商売繁盛といたご利益があるとされる神社。写真などで見たことがあるかもしれない、鳥居がずらりと並ぶ「千本鳥居」は忘れがたい光景でしょう。

入り口には大きな鳥居、ちょっと手前には展望台があるのだが、それどころじゃなかったので今回は止め、夏のカラッとした日にでもまた来ようとおもう。

奥にあるのが宿泊施設。

長い長い階段。雪の積もった灯りがライトアップされてたならさぞや神秘的であろうか。

二体の、お稲荷様。赤と青の頭巾を被った可愛らしい像。寒さなどなんのその。

山の上には複数の社がなんでいて、一か所一か所丁寧にお参りするのが礼儀か。そういえば最近1円玉だけ賽銭すると、どうにも銀行関連の手数料問題が発生すると最近のニュースで見た。そのためなるべく五円玉以上の方が望ましいのだろう。稲荷様に払うのは結構だが、人間に払ってご利益ってのは雰囲気的によろしくない。

一番天辺には朱色の壁に囲まれた境内が出てきます。どこか異国のような雰囲気だが、高い所にあるだけあって、ここまでの思いをぶつけるようにお参りしましょう。

中央あたりに下に降りる階段がある

ここを降りていけば、例の「千本鳥居」がある。だが、実はこの日天気予報で「寒波」いわば冬将軍到来と報道されていた。案の定、さっきまでの明るい空はだんだんと白くなり、雪があたりを覆うように視界を奪っていく。

池を取り囲む境内と鳥居。ゲームや漫画の世界なら重要なイベントがあうだろうと思ってしまうそんな空間。ポケモンGOだとしっかりとスポットになっています、ここだけのポケモンを捕まえてみてはいかがでしょうか?

次回へ続く。

つがるの千本鳥居、朱色と白の世界!
去年2020年12月半ば「寒波が来る」「冬将軍到来」とある予報される最中に、津軽の高山稲荷神社へ車を走らせました。なぜここを選んだこと言うと「理由は特にありません」相棒はスズキのハスラー。雪で凸凹した道などなんのその。...
高山稲荷神社|つがる市
高山稲荷神社は、五穀豊穣、海上安全、商売繁盛の神様として大変ご利益のある神社です。ここの信仰には農業・商業・工業・漁業・家内安全・病気平癒等多様多彩のものがあり、地元をはじめ遠方の人々の力もあって神社は支えられてきました。またここでしか見ることのできない幾重にも重なる「千本鳥居」はインパクト大で一見の価値があります。ま...

インスタグラムにも色々アップしてるのでもしよかったらどうぞ。

タイトルとURLをコピーしました