名越康文先生の朝起きた時の行動について

スポンサーリンク




朝起きたらの心がけ、「こころのバッテリーをかけること」。

人間のこころのエンジンは「車」などのように、活動までに時間がかかる。そのしっかりと、こころが準備できていない時に「会社の仕事」「今日やらなきゃいけないこと」「憂鬱なこと」などマイナスなことは考えない。

YouTube

毎朝のルーティンワークなどで数分経ったあとに、ネガティブなことを考えても「こころ」に余裕が持てる。起きてからの一時間はその日を決めるといっても過言じゃない。

特に、このコロナ禍でいまだに目処も見えずらい状況。サービス業を生業にしている方々などさらに大きく不安にさせることだ。

【速報】緊急事態宣言1月7日に発令決定 菅首相が方針表明
菅首相は5日、自民党役員会で新型コロナウイルスの感染拡大を受けた緊急事態宣言について、1月7日に発令を決める方針を表明した。【関連記事】●「緊急事態宣言」が発令されたら…外出は制限?内閣官房のサイトにQ&A●緊急事態宣言の発令で私たちの暮らしはどう変わるのか?●早ければ1月7日に緊急事態宣言へ…一方で時短要請に...

こころをエンジンに例える名越先生ですが、彼がいったバッテリーがあがってしまう。エンジンがかからなくなってしまい、再び起動するのには時間がかかる。めんどくささも理解できる。

この朝の行動をしっかりやっておかないと、集中ができなくなり仕事量をかえって増やすことにもなりかねない。悪循環が悪循環と泥沼である。

意外にも「怠い」と思っていた、学校への当行の際、歩いていくまたは自転車で行くというのが割と最適らしい。場所にもよるが満員電車のストレスや、車の渋滞のストレスのようなものはなく。歩いているだけだから、特にアレコレと考えずに自然なり風景なり見て行けばいい。

音楽を聴いて高揚させるのも手だが、あんまり激しいのは良くないようだ、何事も過ぎる行動は毒になる。

メンタルに関しての記事↓

人の能力は環境によって引き出さられる。新しいものを作る己のイノベーション(技術革新)は、より良いやりやすい環境で生まれる。仕事場でギスギスしたやりにくく、自分らにとってやりやすい環境にしてやれない上司がいるなら、変えさせるか、いっそ転職するか。今の時代難しいかもしれませんが、コロナ禍が収まるまで行動しないというのは遅いのかもしれません。

関連記事じゃないが、「もし」死にたいなどと思ったならエガちゃんのチャンネルでも見て、すっきりするのもいいかもしない(他の元気になるお笑い芸人など、バラエティ溢れるチャンネルを見るのは「からだに」いいことである)↓

サムライ✖大スタァ エガちゃんねるの爆買い。 エガチャンネルの爆食い。

名越先生は「なむさん」という方の「ゲーム散歩」という動画で知りました。「Detroit Become Human」という作品をなむさんと見て行き、登場人物を観察し推測すると一通りプレイした人間からも説得力があるような考察をされていて、強い先入観ゆえに間違いもありますがタダの当てずっぽうで応えてはいない心理学に基づいて、ゲームを作った人や演じた人など考慮できる「ゲームの面白い見方をする」。

何気ないが現在は「ラストオブアス2」、「デスストランディグ」などゲームとはいえ劇中は生の人間なのですが、デトロイトビカムヒューマンは操作キャラは全員アンドロイド、つまりはロボット。

このゲームは途中でロボットが自我に目覚めて、人間との対立を描いているがそのロボットに対して心理学を用いて考察するというのが興味が湧いた。選択をミスすると戻れなかったりとやり直しがききにくい作品で、操作する主人公がリタイアしてもゲームは終わらず継続するスタンスで、海外ならではの面白い作品なのでプレイしてみてはいかがか。

余談だが、デスストのとある女性が全然優しいし、演じてる俳優、声優と共に母性溢れる感じなのに全然信用できないと当てたのには感心した。デスストランディングプレイした何割かは、全くその通りだと頷くと思う。

声優(井上喜久子氏(17))だけなら、監督が過去に携わった作品で主人公を支えるヒロイン(わがまま女)、祖国のために命をかける戦士など重要な役どころを演じられてるのだが、ほんとうにプレイしてて「こいつ何いってんだ?」みたいな感覚に陥るから納得です。

プロフィール
coromo(NAIVEDOGs)
coromo

東北に住まうもの。
色々なゲームを強い先入観でプレイして日記にして紹介しています。アニメや映画などの感想書いたり、ドライブした先を写真に撮ってアップしたりと気ままに生活している世間知らずな犬達です。

coromoをフォローする
ゲーム関連
coromoをフォローする
NAIVEDOG LIVEs!