祝・スラムダンク映画。全力で観よう

ゲーム(game play)
この記事は約4分で読めます。
楽天市場

1990年から96年まで連載していたバスケット漫画「スラムダンク」。赤髪の不良高校生「桜木花道」が、玉入れ遊びと馬鹿にしたことで主将の赤城に喧嘩を売り、それがきっかけでバスケット触れ、初心者で運動神経のみで体力バカな「花道」が、どんどんと成長していくさまが面白い。

イケメンばかりな男ばかりかと思えば、個性的な選手や脇役含めて豊富で、そこまで大きく関わっていないのに記憶に残るくらいキャラクターの濃さが特徴。

ヤスやカクなどベンチながらに湘北を支える一員。

惜しまれながら連載は終了し、木多康昭先生の漫画「幕張」内でもネタにされるくらいまだ終わりじゃないだろ!これからだろ!という感じで終わりました。

「愛知の星」モロボシ君を倒した森重がエンディングなどでも顔出しするくらい、アニメで重要な役割あるんじゃないか?最後に立ちはだかる敵じゃあないのか?

と思ったらそうでもなかった肩透かし感は正直にありました。河田とやりあったらどうなってたんだろとか想像したり。連載に追いついたため、アニメ版は神奈川県全員集合なオリジナルでチームを組んで試合する流れ。

このご時世、部屋を広くしようと断捨離をして、漫画は全部投げて電子書籍に切り替えた。

しかし頑なにスラムダンクだけは手放せなかった。それがこうしてブログの記事用に使うとは思わず、私に再びこの漫画を読めというお達しを感じ取ったのだろう。

ついつい、ツイッターでつぶやく。

湘北チームに立ちはだかるライバルたち。翔陽の藤真、海南の清田、陵南の千堂、豊玉の岸本、王者山王の「きたさわ」とスポーツ漫画の強力な必殺技や高校生離れしたアクションがあるかといえば、そういうのはなく(体つきは高校生じゃないが)実在の選手のテクニックを応用した技など「リアル高校生」の自分らでも真似出来るんじゃないか?というなじみ深いものばかり。

スラムダンクの基本とすればセンター故の宿命なのか、高校生だが老け顔やゴリラ顔など濃い目でバスケットに対しての情熱が物凄く熱いのが特徴。「花道」に頭にダンク決められた三浦台の村雨など不良のような強面で髪型もバスケット選手とは思えないのが普通にいたりする。

陵南の柱「魚住」や山王の守りも攻めも完璧な怪物「河田」、冷静な分析力の神奈川ナンバーワンプレイヤー「じい(牧)」、文武両道で絶えず至らない点を努力で補う根性の男「赤木」。年齢詐欺のような年相応に感じないスタイルだが、それが魅力的で舞台の花形だけじゃなくて「魚住」が言っていた大根のツマのような例え目立たなくても堅実にあれと、理想である。

そういえば一ノ倉だけいない。我慢の男故に譲って差し上げたに違いない。なにせ彼は地獄のような合宿をスタメンの誰もが一度は逃げ出したのが耐え抜き、どのような状況でも音を上げない根性の男。

スラムダンクは試合中にそのキャラクターの個性を量るしかないので、それゆえか私生活がどのようなものかなどあまりわからない。というか主人公の桜木花道ですらも描写が薄い。

今だとこれだけ各々のキャラにファンがいるのだから、掘り下げがありそうだが「あまりよくわからない」というのも魅力なため設定してないなら別にいいやって思う。

amazonなどで懐かしいアニメでも。声優が使いまわしだったり、原作を再現できていなかったりと結構言われてましたが、OP曲、ED曲とともに名作です。

小暮君の3Pシュートを決めての大勝利、陵南戦でタイトルの「ダンク」を決めて決着、しかし、最後は右手は添えるだけシュート(ブザービーター)で終了と、今現在も漫画を紐解いたらまたどっぷりハマりそうな面白さ。のちに色々なバスケ漫画(ジャンプだと黒子のバスケなど)と比較されたりもしますが、これは井上雄彦の世界観のバスケだから、藤巻忠俊の描くバスケ漫画と違うの当たり前だろと比較する方がおかしい。

ともかく、映画たのしみにしています。声優はセーラームーンとか同様に主人公の声は当時のままで(花道)草尾毅さん)ほかのキャストは総とっかえな感じでしょうか?

どちらにしろ。小暮君の「夢見させるようなことを言うな!」みたいなことがなく無事放映して頂けたらなと思います。コロナ禍でどうなるかわからんので。

同じジャンプ漫画記事↓

鬼滅の刃の映画を見てきたのだ。

「スラムダンク」アニメ映画化、井上雄彦さんがTwitterで発表
漫画家の井上雄彦さんが1月7日、「スラムダンク 映画になります」とTwitterで発表。東映アニメーションも「“新しいアニメーション映画”を制作中」と明らかにした。

タイトルとURLをコピーしました