シンコウウインディのイラスト描いたから、ウマ娘だけじゃなく、そのまま競争馬の方も調べていく。Sweet bite!

シンコウウインディゲーム(game play)
この記事は約4分で読めます。
楽天市場

Twitterにてかしこさトレーニングで「にっこり微笑んでるウインディ」の落書きを描いた際に、もう一個描いたもの。特別なファンでもなく、2021年10月現在でも実装されておらず他のキャラクターから間接的に知ることが出来るが全容はよくわかっていない。この際に調べてまとめておこうとブログを書く。

特徴的といえば「噛み癖」と「~なのだ」と語尾につき「バカボンのパパ」や「ハムタローさん」、「アライさん」など連想させるようなキャラクター。小柄に見えるがスリーサイズの表記だと魅力的な数字を出しており、アホの子呼ばわりされそうだがポテンシャルも高くみられる。

競走馬のシンコウウインディとは?

1993年4月生まれ、母・ローズコマンダー、父・イギリスの競走馬「デュラブ」。

馬主は安田修氏で、彼が経営していた会社名「新興産業」から冠名「シンコウ」を使用する。

名前の由来は記述が見当たらなかったが、「ウインディ=強い風」のような速さと期待を込められたと考える。

悪戯好きで、ヒトによく噛みつき癖があり、レース中に館山特別(ダート1800)にて、ダイワオーシャンに噛みつき、首筋に歯形が残るほど馬だけじゃなくレースを視聴したものにも強いインパクトを残した。

他にも11月スーパーダートダービー戦でも、噛みつこうとしていたが未遂で終わった模様。

(噛まれたらゴールデンカムイの白石を噛んだ馬って相当イライラしたんだろうか?)

1996年1月東京競馬「新馬戦」にてメイクデビュー、6月のあさがお賞、9月のユニコーンS、

1997年1月の平安S、2月のフェブラリーS(GⅠ)と勝利している。

(この試合でビコーペガサスが出走している。その日のダートは不良でびちゃびちゃ状態の中で4位についている)

フェブラリーS後休養に入り、5月アンタレスSにて再び出走するが5着、その後帝王賞にて脚に異常が見つかり長期の休養。

二年後の安田記念の復帰戦に挑んだが13位、その後も戦績が振わず引退することになった。

シンコーファームのゴタゴタやJRAの馬主登録抹消などあったが、現在は北海道の日高町「ダーレージャパン」で功労馬として暮らしている。とのこと。

ウマ娘のほうのシンコウインディは?

競走馬の性格がわかりやすいため、そのまま器用されたキャラクター。

VCは高田憂希さん(ファイアーエムブレムのサーリャ、NEWGAME!の涼風青葉など)

起伏が激しく、ついつい噛みついてしまうが寂しがり屋で、構ってほしさに色々イタズラを仕掛けたりするなど子供っぽい性格。

ダート王と呼ばれる実力者なので、ダート専用として育てられる強みがありウララと違って中距離あたりまでは適性がありそう。

ウマ娘とはいえ、腕力脚力が通常の人間以上のものなら顎の力も強い可能性はある。

彼女らが本気の力で噛み砕こうものならセーブ無しに出来てしまう恐れもあるので、迂闊に口に手を持っていくなど畏れ多いことはしない方が無難かもしれない。シンコウインディだけじゃなく、全部のウマ娘に関しても変なことしちゃいけない。

アテ馬事情で高評価な本家だが、牝馬のご機嫌はともかく、

アニメ・ゲーム内では他のウマ娘との仲を取り持つ役割が出来るなど良好な関係を築くことが出来る子として意外な一面を見せる可能性もあるので、噛みつき癖が収まって成長した彼女という映えるシチュエーションにも期待できるかもしれない。

言わば大人シンコウウィンディのような存在が出てきた際には同一バ?と思えないような見違えた姿が後に出てくるかもしれないので、そういう想像も悪くはないのではないだろうか?

参考にしたサイト様

ウマ娘攻略まとめ速報

ISAVICHIのブログ様

1997年フェブラリーS出走表

ウマ娘攻略wiki

スポニチ競馬

タイトルとURLをコピーしました