ウマ娘の世界観の謎。ネットで見かけた疑問などを勝手に考察するブログ。Uma Musume Consideration

ゲーム(game play)
この記事は約4分で読めます。
楽天市場

今日もまたウマ娘をプレイしており、Aランクの娘がだんだんと増えていき欲を出したいといえば、

適性がまるで違うのに、長距離バにしたてあげたり、

ハルウララがアオハル爆発覚醒と学園のトップスターたちを蹴散らす能力にしたりと自分なりのチーム編成を組み立てたいところだが、中々ウマくいかず。

モブウマ娘

推しモブウマ娘などでライブするなど、個人で満足するレベルの小さいことしながら過ごしている。

ウマ娘は言葉通りに、馬の能力を持った女の子であり、

ウマ娘

見た目は普通に見えるが、レースの脚力見て察するように「うっかり」蹴られるものなら骨が折れるじゃ済まないレベルの重傷を負う可能性がある。

ゴールドシップがレース終了後にドロップキックをかましてくるが、相当手加減していることがわかる。(逆にこれくらいじゃ、怪我しないレベルと判断できる彼女の頭の切れっぷりもよく出ている)

アニメ・ゲーム・漫画など展開していて、知ってか知らずかはともかく、まず疑問に思うことは。。。

ウマ娘の疑問

この世界に本物の馬は存在しているのか?

・馬は存在していない

・ウマムスコという男性型はいない。

・競馬じゃないので、一種のスポーツとして扱われる。

任天堂ゲームのポケモンでも謎である「(こねこ・ペンギン)ポケモン」という、元ネタがポケモンの世界に存在しなきゃそのネーミングにならないはずなのだが、一般的な動物は出てこない。

(全く出たことがないわけじゃなく、初期だと本物の犬がいたりした。ポケモン図鑑はたまに空想めいた話も混じってるのであんまし100で信用しない方がいいかも)

これだけの大コンテンツなのにも関わらず、意外とふわっとしているところはふわふわさせたままなので、ウマ娘の世界で馬はいないのに彼女たちのことをウマと呼んでいる理由はふわっとさせたままなのだろう。

いちご大福

なぜか別世界の話なのに「ガンダム」というネームだけは伝わっているので、古代の壁画とか文明で「ウマ」というワードが使われていたので「ウマ娘」なのだろう。英語でも「Uma-musume」なので、学説的にもそう名付けてしまった。という感じか?

ただ、牛や豚などの家畜なども普通にいて肉料理などにも提供されたりするが、何故に馬だけこのような事になったのか、

遺伝子操作の結果のアレで馬自体が絶滅してしまい、その因子は彼女たちのみに受け継いでしまったのか?適正的には女性型が適任だったのか?

どちらにしろ「そこらへんは想像にお任せする」形で決着つかないと思う。ポケモンすら解決できない問題だからウマ娘は、史実を沿ったストーリー展開をこなしていけば細かいことなどどうでもいい!

というファンの見方かもしれない。

(反面競馬に興味があまりない自分としては、そこらへん解明してほしいよねと個人的に意見)

ウマ娘

耳も特徴的で、感情によってぴょこぴょこ動く。ピアスのようなアクセサリーを身につけたり、馬でいうメンコのように覆い被せたりする。キングヘイローが現実でも耳まで覆い被されるようなスタイルだったので耳を全部隠している。

馬用語・メンコ(hood)

覆面のことで、音に驚いたり、砂をかぶるのを嫌ったりする子につける馬具。

ウマ娘では特に問題なく使っているが、周囲の音が聞き取りづらいことがあり却って馬を不安にさせてしまう可能性もある。海外ではあまり使用頻度は高くないようだ。

他にもブリンカー・パシュファイアー・チークピース、シャドーロール、ブローバンド、バンデージなど種類があり、劇中に何かしらの形で出てきているかもしれないので、服装をよく見てみよう。

ハルウララの絆創膏は別にサポーターでもなんでもないので、彼女らしさを演出するためのアクセサリーなのだが、いちいち試合の度に外したりと結構「痛いし」めんどくさそうだ。

感情により耳の動きが変わり、音による反応、興奮状態、威嚇(後ろに倒す)、リラックス(横にだらんと向ける)など、人間とほぼ同じ生命体なので別に顔を見ればわかる部分でもあるが、感情が豊かじゃないミホノブルボンなど意外と顔には出さないが、こういう感情だったんだなとわかるようになっている。

キャラクターをよりわかるための面白い動作なので、観察してみよう。

ゴルシ
タイトルとURLをコピーしました