ゲーム日記・気になるゲーム

あの有名な【Ib】のリメイク登場、ホラーなのに切ないお話

ポイント

2012年2月に「Kouri」氏が制作したホラーチックアドベンチャー

プレイした今作はリメイク版であり、当時使われていたRPGツクール2000で遊ぶことが難しいため10周年を記念して製作された

当時はフリーゲームであったが、Steam版は1300円と有料となっている

ニコニコ動画などで大きな話題となり、登場人物やゲルテナ作品の一つ一つのアーカイブスがプレイヤーの想像力を沸き立たせ、ストーリー自体は短めながら様々な考察できたりと奥が深い

何も知らないプレイヤーと少女

(※初プレイのため、知識0状態で先入観のみで思ったことを書いてます)

ワイズ・ゲルテナ

人々を魅了する作品を多く手掛けた芸術家

ゲーム内でも観覧者たちは称賛しているが、それほど有名な人物ではなく小さな美術館でしか出展できなかった

実体験をもとに製作された作品も見られ、赤い服を着た女性など過去に何かトラブルに見舞われたであろう記述が残されている。

シンプルな服装のお父さんに比べると、お母さんが結構「派手」な大きな赤いブローチと強めの赤推し

娘のイヴも「髪の色」「瞳の色」も同じで赤がメインカラー。特徴的なのはぶら下がっているかのようにすら思えるほど大きいスカーフ。

育ちが良いお嬢様とのことで、派手めなお母さんが「美術品」に興味があったという感じで一緒に来たということだろうか?

RPG主人公らしく、選択以外のセリフは無く、無表情で何を考えているかわかりにくい。

また、RPGゆえに情報を集めるため他の人に話しかけなきゃならないわけだが、特に物怖じせずに会話している(一方的につぶやいてるのを聞いているだけかもしれないが)

しかし、9歳(小学3・4年生くらい)なので難しい漢字は読めないのでタイトルがわからない。

もしかしたら昨日テレビで見た「マツコの世界」とか密かにボケて解釈しているのかもしれないが、調べた時のテキストに独自に感じたことを語っているので芸術品に理解があるように思える。

もしかしたら「ゲルテナ展」のような展覧会は初めてではなく、他の個展に行ったりしているのかもしれない。

この大きな絵画が展示されてる部屋は休憩コーナーということらしいが、椅子など配置されておらずピクニック用のシートでも敷いて座って絵を観ろという美術館側のルールだろうか?

果たして、この絵を前に「おにぎり」や「サンドイッチ」を美味しく食べられるかは疑問が残る。

素晴らしきこの世界

絵を調べた後に、静かな美術館がより一層静寂を求めるようになる。

「おいでよ イヴ」

イブじゃなくてイヴとちゃんと書いてあることから、彼女をよく知るものによる仕業だろうか

「いっておいで イーヴイ」

と、間違えたかもしれない。イヴ側から見たら(反対側だし)すごく読みづらくスルーされそう

ちょっと身を乗り出せば触れそうな距離にある芸術品

それは身の回りにあるようなもの同様に「触って感触を確かめたくなる」そんな気持ちは誰しもが持っている。

この世界では必然的に「触れなければ」道が開けない、ゲルテナは鑑賞だけじゃなく触れることで理解してほしいという思いがあったのではないだろうか?

巨額の賠償金という壁を作って作品を過保護に扱っているが、作り手はまったく違う思惑があったのではと何気ない一文から推測する。

巨大な魚が描かれた展示物に飛び込みいよいよ物語が始まる

青と赤に分かれた絵画父親と母親から離れてしまったことを暗喩する何かのメッセージ?

赤い方を進むと女性が描かれた絵があるが、カギを拾うと意地悪そうに「舌」を出す

怪異であるが「ほんのきまぐれのイタズラ」程度で、ポルターガイストのような感覚で驚かせるのが好きなだけかもしれない

反対の方に向かうと「かえせ」とメッセージを送りつける。

しかしイヴはあまり動じない、内心はどうだかわからないが肝っ玉が据わっている。

泉朝樹先生原作「見える子」ちゃんのような、絶対反応するものか!という強い意志なのか

それとも激しくそういったことに鈍感なのか

イヴは後者に感じる

 

忘れたころに・・・

少女を掴もうと伸びる手、バラへの痴漢はいけない。

よく見ると小さな点が動いてるのがわかった。普通に蟻と会話ができるわけだが、「ぼく(蟻)の絵どうなった」か?

その時、残酷な音が鳴り響いた。。。

悲惨な蟻の絵を後にして、奥の部屋にて鍵を入手。青い鬼・・・ではなく、赤いワンピースの首なしマネキンが襲い掛かる。

「無個性」と呼ばれる芸術品であり、

Googleワード検索にこの作品のマネキンが

トップに上がるほどSEO対策ばっちしな「個性的」な「無個性」

「個性」と聞けばジャンプ漫画の「僕のヒーローアカデミア」が思い浮かぶほど、個性は世に広まっていたのだった。

さすがに、無個性が男塾の人間橋のように襲い掛かってきたら、ビビりまくったであろうが所詮は「個性が皆無な存在」

バラへの痴漢をする手を潜り抜け、奥の部屋へ進むイヴ

なんか可愛い部屋に入る、何故か「あずまんが大王」とかそういうのを思い出す。

 

から耳ケーキだったか、空耳ケーキだったか。そんな歌っす。

左の部屋にて、文字人間を探すゲームが始まる。

このゲームで「いやーん♡」な部分を開いてしまった。

そういった「いやらしい」要素は皆無な「Ib」だが、裸体を描いた絵画はたくさんあるので問題はない

だからこれでGoogle先生が反応したら、Google先生がスケベだってことだ。

ドンタッチミー!!ガラスにセクハラすることはおやめください。

ベタベタ触られると清掃するのに困ります。

文字人間を探し当てたあと、右の部屋に入ると倉庫のようでモノがごちゃごちゃ置いてあった

テーブルのような台座からハイヒールが似合いそうな綺麗な脚が生えており、うまく誘導してアイテムを入手する

ハイヒールを履くから女性だというのは、今の時代必ずしも正解じゃない

美しさに磨き上げられた男性であるのかもしれない、手の処理なんてどうとでもなる。

塗るだけで除毛完了!すね毛は必要ない?意外に不評?

アイテムを組み合わせて「サカナ」を作り、猫にあげて道を開く。

次の部屋にたどり着くと、左の絵に話しかけた途端ペロっと舐められる。当然バラへダメージが入った。

深刻な「バラハラ(スメント)」を受けてしまい、よくわからない心霊現象より直接的な「ペロリスト」の方が精神痛む。

左の奥の部屋にて、いわば「だまし絵」というものに遭遇する。

一つ一つの作品が情報を提供してくれるのだが、6作品中5作品が「嘘つき」であり間違うとペナルティが与えられる。

その中で1作品だけ真実を教えてくれるので、さらに奥の部屋でボタンを押すと突破するためのアイテムが入手できる・・・が、

裏切者には容赦しない、

みんながやっていることが正しい、

クラスの輪を乱すものは排除しよう、

多様性を認めようでも、自由な発言は認めない

何か人間の嫌な部分を見せつけるような、異様な結末

ここから、ホラー要素が強くなっていき、

片足だけ吊るされた人形、美術展にてハングドマンの絵画が展示されてあったがそれを模倣するように大量に配置している。

バンジージャンプに挑戦したお笑い芸人と解釈してもいいが、子供のような無邪気な遊びにも感じられる。

人を恐怖のどん底に貶めたいというより、こういった遊びをイヴに見せ誘っている・・・ような気がする。

バラへのダメージ、いわば精神的なダメージを受けることにより自我崩壊となって倒れてしまうわけだが、肉体的に痛めつけて死に至らしめようという考えは薄いような印象だ。

向こう側の人物は「死」という概念をあまり理解していないから、イヴへの危害も遊びの一環としか捉えていない。

本当に亡き者にしたかったら、直接的にやりにくればいいだけ・・・

ゲルテナの生み出した作品が、何かしらで「命」が宿りそれがたまたま美術館に来たイヴへ執着し、友達と遊ぼう♪といった感覚で異世界へ招待した。

奇怪な不可思議な世界だが、そう捉えると微笑ましい気もしないでない。

「友達」が欲しいというシンプルな願いを叶えたいため一生懸命に行動しているだけ

そう考えると、これまでの行いも許せてくるかもしれない、ちょっとしたお化け屋敷感覚で楽しめるかも・・・

ズドーーーーーーーン!

めっちゃ〇しに来とる・・・・っ?!

そして、忘れたころに「バラハラ」を食らう

どこさわってんのよ!!

プレイ2へ続く・・・

そのほかのプレイゲーム

ゲーム日記・気になるゲーム

2022/9/21

ノベタをプロデュース!!【台湾発ゲームリトルウィッチノベタをプレイ】

2022年9月29日にて、STEAM版、PS4版、任天堂switch版とマルチプラットフォームにより発売される台湾発祥のゲーム。 「リトルウィッチノベタ」~Little Witch Nobeta~ 中国語では小魔女諾貝塔 PupuyaGamesと希萌創意(シーモンクリエイティブ)の共同開発で、フロムソフトウェアより発売されたダークソウル(略してダクソ)をオマージュしたゲーム性でキャラクターが小さな女の子なので、ロリ版のダクソと呼ばれている。 萌えに特化した魔法ファンタジー シーモンクリエイティブの作品には ...

ReadMore

スプラ3 ラーメン コンビニ

ゲーム日記・気になるゲーム

2022/9/26

【フェス】イカしたクリーミーシーフード味ラーメンVSガーリックイカスミ味ラーメンどちらが美味いのか【スプラ3】

あなたはイカ派? それともタコ派 まさかのコジャケ派?だが、それもいい 千葉県市川市にある「サンヨー食品(三洋食品)」。イカした企業から参加者たちへの労いだ! 私はタコ派で、2のDLCコンテンツ「オクト・エキスパンション」よりずっとタコを愛用している。銀だこも好きだ。 イカの無邪気っぷりは捨てがたいが、タコの厳しい世界での生い立ちゆえに精神年齢の高さと冷静さを兼ねそろえていながら「やらかす」とこはやらかすというアンバランスっぷりを好む。 しかし、今回のラーメン対決にはそんな忖度なしの素直な気持ちで実食!し ...

ReadMore

ゲーム日記・気になるゲーム

2022/9/18

新ブキ弓とイカガールの親和性と、イカメンチカツがただただうまいブログ

前回の続き 絶賛スプラトゥーン3プレイ中で、負けてもいないのにエラーで負けてしまいガチバトルがダダ下がりの筆者ですが、それでもめげずにせめて[A]ランクまでは頑張ろうとしている最中。それとは別にセブンイレブンでスプラ3コラボが実施されていたので、何種類か買って味わってみただけのブログ。 イカガールとメンチカツ 今作より登場した弓「トライストリンガー」、基本は横に構えての三本撃ち、スナイプするチャージャー系と似たチャージ式で狙撃するタイプで、立ち回りをかなり要求されるなど初心者がかっこよさで選ぶには敷居が高 ...

ReadMore

ゲーム日記・気になるゲーム

2022/9/18

セブンイレブンとスプラトゥーン3のコラボしたお菓子を食べるブログ

2017年に任天堂から発売されたスプラトゥーンシリーズの三作目、5年ぶりとなる最新作は大きな注目を集め売り上げも現時点(2022年9月)で345万本を突破するガチホコの爆発に巻き込まれた「イカしたやつら」が多い。 (最近、限定品にはコップやタンブラーがセットになっているのを見かける。アクセサリーなどグッズも良いのだが、実用的なアイテムの方がありがたい) 任天堂らしく作風は明るくのーてんきで気まぐれなやつら FPSのゲームと言えば戦争をテーマにしたものや殺伐とした内容が多めだが、ことスプラトゥーンは相手を倒 ...

ReadMore

ゲーム日記・気になるゲーム

2022/9/16

恋しちゃうウマ娘、推しに惚れちゃうのはアリ?ナシ?気持ち悪い?たた、気に入ったキャラにふれるブログ

アニメ、漫画、ドラマでもそのキャラクターに「恋」をしてしまうことはないだろうか? こういう人近くにいたらきっと楽しいだろうなぁ。結婚や家庭を築いたらきっと薔薇色の人生歩めるんだろうなぁ ・・・的な妄想をした人は多いと思われる。 これは結婚願望もなく二次元ばかりに目を向ける「オタク」だからという特質した部分ではなく、家庭を持っていて息子・娘もだいぶ成長したごく普通の一般の人ですらもそういった「夢」を語る人もいる。 何故この話に至ったかと言うと先日にお笑い芸人「シャンプーハット」の小出水こと通称「恋さん」がプ ...

ReadMore

ゲーム日記・気になるゲーム

2022/9/5

Dのハードル上げに上げた「鳴龍」を食べて、余計に本家に行ってくいたくなる【プチ食レポ】【プチ日記20220904】

本当に美味しいカップ麺を  みなさんに  そして江頭さんに教えてあげたい ・・・と綺麗なフラグを立てた「エガちゃんねる」のブリーフ団「D」 あまりにもわかりやすいハードル上げのため、 江頭評価がイマイチよろしくなかったが間に辛い&辛いが入っているのでAfuriのような評価に繋がらなかった。 東京都豊島区南大塚にあるこぢんまりとしたラーメン店 行列ができるほどの人気店。直接出向いて食べてみたいなぁ感もあるが、このご時世なかなかどうして難しい。 営業時間の長さ【11時から15時まで】、カウンター席の数 ...

ReadMore

ゲーム日記・気になるゲーム

2022/9/4

トムヤムクンで汗ダラダラ、問題になったカップヌードルを【プチ食レポ】【プチ日記】

エガちゃんねるで物議を醸しだした、日清食品カップヌードルの「トムヤムクン」味。 これ、最悪だよ!! 人間の食べ物じゃないよ 完全に罰ゲームだよ、これ!! こんな○○いのあるの?! 逆に食べたくなるじゃあないか。 そんなに酷評の嵐だとめちゃくちゃ気になるのが人のサガというもの なのでこの前の「AFURI」探しの際にどうせだから味わっておこうと一緒に買ってくる タイ料理でよく知られている世界三大スープの一つ。残り二つは何かというとフランスの鍋料理「ブイヤベース」、中国の伝統的なスープ「ふかひれスープ」、そして ...

ReadMore

ゲーム日記・気になるゲーム

2022/9/2

AFURIの柚子塩ラーメン初体験。【プチ食レポ】【プチ日記】【20220920】

エガちゃんねるで紹介されたAFURIと日清のコラボカップ麺を、ブログ書いた後にさっそく買いに行った。 その時のブログはこちら 山のマークがついたシンプルなデザインだが、実言うとあまりカップ麺を食わなくなったという理由もあり、コンビニいってもパッケージをみたことがない。 情報辿ると発売されたのは2015年と今から7年も前に登場している。知らなすぎだろ、と勉強不足が悔やまれるがとにかく、あれだけ絶賛した阿夫利ラーメンとやらを食わずして寝れるか!とスーパーやらコンビニを回った。 コンニチワ 数軒回ったけど置いて ...

ReadMore

ゲーム日記・気になるゲーム

2022/9/1

アロマキャンドルにやすらぎをもとめて、和製ホラーインディーゲーム徹夜報告書で「うっひっひ」

うっひっひ♪ 個人製作「むつむつプロジェクト」によるホラーゲーム、徹夜報告書Midnight report。 steamで先行アクセス版が配信された注目のゲーム プレイするきっかけはSNS、ゲーム記事、 ぜんぶは見てないがゲーム実況者からの情報だが、 我が青森県の北に位置する有名な恐山がある「陸奥(むつ)」というワードをプロジェクト名に入れているため、 「やらねば・・・」という簡単な使命感だった。 たぶん、むつ市出身とかそういうのとは関係ないと思われるが、県民として反応せざ得ない。諦めてくれたまえ。 本ブ ...

ReadMore

ゲーム日記・気になるゲーム

2022/8/30

真っ黒い巨塔、化け物たちの葬回診【懐かしのクロックタワー風味のゲームをプレイ】

人気ゲーム実況者の一人で「ガッチマン」氏が監修したクロックタワーリスペクトな作品。 数々のホラーゲームをプレイしているため、ホラーの何かを熟知していると思われる。 タイトル画面にもポツンと写っている白衣を来た男性が今回の目玉であり、「シザーマン」的な立ち位置らしい。 クロックタワーとは?  /p> 1995年に「ヒューマン」より発売されたスーパーファミコンソフト、プレイステーションソフト。 殺人鬼がうろつく館から脱出するアドベンチャー 今回プレイするゲーム同様に、基本戦うことが出来ずひたすら逃げまど ...

ReadMore

目が疲れたら?

suzuriにてオリジナルキャラクター発売中

楽天ルームはじめました!

ワタシのROOM

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

coromo

ネイビードッグの管理人です 東北で色々な所を旅したいと願うもの。 ゲーム(プレステ・switch・steam・ソシャゲ)を中心に、 アニメ(広く浅く)・ドラマ・映画など強い先入観でレビューしたり気になるワードなど誰が得するの?な部分を調べたりしています。 イラストもたまに描いたりとやれるだけやって気ままに過ごしてます。 そういう雑多なブログなので、あしからず。 インドのパン「ナン」を心の底から愛するものなので、同志を求めます。 noteしてます https://note.com/coromo_art

-ゲーム日記・気になるゲーム
-