鬼滅の刃の映画アフターと禰豆子の竹筒など

映画(movie)
この記事は約4分で読めます。
楽天市場

映画放映から早二か月、そして今年もあとわずかコロナ禍でも負けないくらいの盛り上がりを見せた鬼滅の刃ですが、やはり色々な思想がまじりあうとそれに反目しあうこともある。

よく言えばそれだけの人気がある証明であり、悪く言えば客寄せパンダとしか見てないのではないかと穿った見方もある。つい先日出た記事に妹「禰豆子」について書いていたのでそれについて思ったことを書く(本題は結構下の方)

劇場版「鬼滅の刃」 無限列車編公式サイト
「その刃で、悪夢を断ち斬れ」劇場版「鬼滅の刃」 無限列車編 絶賛公開中!

今秋10月16日、鬼滅の刃の映画で主人公・竈門炭治郎(CV・花江夏樹)所属する鬼狩りと呼ばれる政府非公認組織「鬼殺隊」。その隊の最上位の存在「柱」の一人炎を司る「煉獄杏寿郎(CV日野聡)」を主軸に置いた物語。

この物語の言わば顔でもある彼だが、原作だとそれほど長い期間登場しているわけでもなく、主人公らとも親しい間柄かと言われる同じ「柱」の一人である富岡義勇らに比べるとかなり浅い関係である。しかし、どの作品でも言えることだが、たかだか数時間だけの間、作品によっては数分程度かもしれない僅かな邂逅が視聴者に強く残ることは間違いない。この炎の男もその類でああった。

ことアニメ含めたサブカルチャーでは、劇中にたったの一回しか使っていないセリフにも関わらず、その意味を理解できているか出来ていないかの是非はとかく、心に強く刻まれそれを深く広め共有しようとすることがある。必ずしも数や時間だけではないということだろうか。

鬼滅の刃の映画なんで観ないの?ってなんなん?

キメハラと言う言葉が勝手に出来上がるくらい型にハマらないことを良しとしない視聴者もいるやもしれない。みんな観てるし、芸能人ハマってるしなんで観ないの?と不思議がるというか、少し高い所から見下ろしてるような雰囲気さえある。

観なくて当たり前です。が答えだし観ても大して心に残らなかったもあるでしょう。

自分はamazonプライムでジャンプのアニメやってるなぁ、と軽いノリで見てから「ああ、意外と面白かったんだな」と映画に足を運ぶ次第であった。

和風幻想を謡う大正時代を舞台にし、サクラ大戦やデビルサマナー葛葉ライドウなど同じ年代を扱った作品など、レトロで刀を持つことが許されず鉄道での往来や自動車など普及し始め文明開化が目覚ましい…というイメージ。

動画のピックアップされるサムネがまた「緑の羽織着た子」「同じく着物を着てるが口に何かをつけてる女の子」、「黄色の普通の子」、「裸のイノシシ付けた二刀の刀を構えたへんなやつ」となんだこれ?感が興味がそそられた。

そういった経緯が無かったら多分観なくて、「鬼滅の刃の映画見てないの?遅れてる!」と、90年代などにも聞いたフレーズを不快に思いながら過ごすことになっていたかもしれない。

現に芸能人がコスプレでなんかしだした時は、ちょっと引いたりもしている。叶姉妹などの素敵なコスプレは好きなんだが、なんか脂っこいものをキャパ越えで食え!って言われてる感じだった。

自分が推すことによって、同じ話題が出来て楽しいかもしれないだからお勧めとして紹介するのだが、そこは自分楽しいよ!アピールばっかりじゃなくて、どこか線引きしないと作品自体を咎めることになるので控えめに言っておうと自分はそうやってる。もっとも自分は誰かにこれ面白いよってリアル友達に一切喝采進めない人なので、しゃべることがない!(オチ)

「長男だから」は家父長制、竹筒は「女はしゃべるな」の意味? 鬼滅の“ジェンダー観”は | 2020年の言葉 | 文春オンライン
『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』は不滅の記録と思われた『千と千尋の神隠し』を越え、日本映画の興行収入歴代1位になった。この空前の大ヒットをめぐって、さまざまな考察や論考の記事は増える一方である。朝日、…

竈門禰󠄀豆子といえば、竹筒を口にくわえて「むーむー」と基本鳴き声や唸り声しか発さない娘だが、かの記事のようなジェンダーに訴えるかと言えば特にそうでもなく。

護る対象ではあるが、主人公の危険を察知して普段は活動が難しい状況下ながらに救助に来てくれる「アツいイモウト」である。それこそ彼女は鬼となりいわば敵対者となる存在だが、映画で魘夢(えんむ)(CV平川大輔)の罠から列車の乗客を助ける時誰も傷つけないように立ち振る舞うその姿は記事通りと捉えられるだろうか?

日本のスーパーロボット「マジンガーZ」の弓さやかとアフロダイは「足を引っ張る」ことは多々あるが、敵には決して屈しない主人公の兜甲児も顔負けのスタンスで戦っている。ただただ護られるだけのヒロインというのは多いようでそんなに数はないのではないだろうか?むしろ、一緒に戦ってくれる頼もしいキャラであると自分はそう思っている。

闘いは出来なくとも、みんなを支えるヒロインってのも視聴者にとっては心温まる存在なので描写の難しさはあるが色眼鏡で見ちゃいけない。

鬼滅の刃はまだこの後、宇随天元を主軸に置いた「遊郭」を舞台にした話に進む。まだまだ話題はつきないでしょう。これに関連したグッズ展開も多く出るし反面にこのような批判的な記事が出て良くも悪くも稼ごうという気概はありますが、自分の求める範疇で楽しめればいいなと思います。

そんな鬼滅の刃の映画を見てきたブログです。声優を勘違いしてる部分もありますがあしからず。

タイトルとURLをコピーしました