ポケモン映画歴代シリーズナンバーワンは?!「ミュウツーの逆襲」を観て思うこと。

ポケモン ミュウ映画(movie)
この記事は約4分で読めます。
楽天市場

ポケモン映画歴代シリーズナンバーワンを決めるファン投票企画が公式サイトで行われており、上位になった作品がオンラインでイッキ観できるというイベント。この機会にアニポケは全部制覇はちょっと先だが、映画だけでも抑えておこうとamazonプライムで「一から」観ることにした。

ネタバレ込みの感想日記です。映画投票や映画観るきっかけとなれば幸いです。

1998年、まだゲームボーイ時代で、謎のポケモン「ミュウ」と「ミュウツー」がテーマで、人間とポケモンの対立を描いた作品「ミュウツーの逆襲」。

幻のポケモン「ミュウ」の遺伝子から生み出され、その後、人間がポケモンの強さを求めるあまりに制御できなくなる。ロケット団のリーダー「サカキ」と出会い、彼の元で拘束具を付けさせられ使役させられていたが、カプセルで眠っている間に出会ったフジ博士の娘のクローンや御三家のクローンたちのことやサカキに道具扱いされるなど受け、強力なサイコパワーで脱出。

人間へ逆襲すると、暗雲立ち込める空へ誓った。

CVは市村正親さん。ミュウツーといったら彼であり、後日談やリメイク、スマブラに登場した際も市村さんが演じていた。

劇中に発見される妙にユニークな姿の石碑のミュウ。そして、遺伝子なので毛なのは確かだが「まつげ」から再生させられてわけだが、えらく長い「まつげ」でアメリカ(ゲームだと)にいるミュウは、乙女のような長さのまつ毛だったのだろうか?幻のメス個体か?

ミュウのCV・山寺宏一さん。ここから続くポケモン映画で何かしらの役で関わっている。

コジロウ役の三木眞一郎が兼任してるヒトデマン

おなじみのロケット団の二人とニャース。今では当たり前にいるソーナンスがまだいないため、なんか物足りなさを感じるくらいあの「青い」やつは馴染んでいる。「タケシ」役のうえだゆうじさんが、担当されていてアニポケのどこかにロケット団以外の役を演じていることがあるため、それを当て探すのも楽しみ方の一つ。

映画として、話の内容はシンプルでわかりやすい。テレビアニメとリンクした内容なのだが、携わったフジ博士やサカキなどはほんのわずか。サトシの同郷でライバルのシゲルに至っては背中のみと、影は薄い。

登場人物もサトシ、カスミ、タケシ。ジュンサーやジョーイが出てくるがあとはオリジナルキャラで予備知識はピカチュウと「その辺にいるポケモン」(雑な説明)くらいでゲームをプレイしてなくても、そんなに身構えなくてもいい。今だと「ポケモンGO」でミュウツーを知った人はすんなりいけるかもしれない。

映画のゲストキャラに声優の高木渉さんが演じた「ウミオ」。古谷徹さんが演じた「ソラオ」。女優の佐藤藍子さんが演じた「スイート」とベテランのトレーナーたちで、最終進化系が勢ぞろい。ギャラドス(石塚運昇)、フシギバナ(大友龍三郎)、カメックス(玄田哲章)と使用するポケモン達ですらも大ベテランである。(スイートの演技がどことなく「あれ?」って思ったが)

関係ないが、ウミオがミュウツーのサイコパワーで上空に上がった時「だいばくはつ」でも起こすんじゃないかって一瞬頭によぎってしまった。しかし、この映画には残酷な描写はしないとあるので、金髪化しなくても済みそうだ。

内容がシリアスで、美人な女性を見ると飛びつくタケシですらも控えめで重い空気が流れる、そんな中ロケット団が良い感じの清涼剤となってくれてるので、サトシ達とそこまで絡むことはないが、映画を飽きさせない中だるみさせない潤滑剤として重宝する。

クローンとオリジナルで殴りあう姿。特に育江ピカチュウと「めぐみ」ピカチュウが「はたきあう」姿は悲しくなってくる。

何十年ぶりかに見た「ミュウツーの逆襲」。あの時見た感想と、大人になってからの感想の違い。

あの頃はゲームやアニメの延長線上で強いポケモンが何かする!ってだけで、ピカチュウたちとクローンたちの戦いの意味や、フジ博士の遺伝子研究の意図、ミュウツーの純粋さと人の身勝手さなど改めて視点が変わってからわかる。

相変わらずポケ声の重鎮「愛河里花子」さんが絶対必須な存在だったり、石塚運昇さんの声懐かしいなぁとか、古谷徹さんの「チィッ!!」「行け!サイドン!」聞けたりとか「よそ見」すれば色々な発見出来ていい。

水野晴郎さんじゃないが、「映画ってほんといいものですね~」。次はルギアでも見ようかしらん?

タイトルとURLをコピーしました