キュアゴリラと学ぶ今からでも間に合うプリキュア講座を見る-Precure course still in time-

ヒーローお笑い芸人(Comedian)
この記事は約8分で読めます。
楽天市場

テレビ朝日より2004年から続く、女児向けアニメシリーズ。

ごく普通の少女が伝説の戦士プリキュアに変身して、異世界からやってくる悪の組織と戦う物語。

初作品「ふたりはプリキュア」にて、セーラームーンのような可憐な変身とドラゴンボールのような肉弾戦が注目を浴び、女児向け作品であるがキュアゴリラことFUJIWARA原西氏同様に魅了された男性ファンも多い。

東映組で仮面ライダーやスーパー戦隊などと一緒にただみていたつもりが、気がついたらどっぷりハマっていたという自分がそれだった。

プリティー(pretty)キュア(cure)の造語で、最初はPRETTYCUREと表記されていたが、ハートキャッチプリキュア以降はPRECUREと縮めたスペルに変わっている。

2021年8月現在までで18作品で映画は30作品以上のボリューム数。

当時こういったアニメをいい歳した人間が見るものじゃないという風潮があった・・・わけじゃないが、どこかしら変な目で見られる対象だった。ゲームで女性キャラを使う人を邪な感じで捉えられるような息苦しい時代だったのは間違いない。

#原西先生によるプリキュア講座

プリキュア「愛」が強いことで有名で、伝説の戦士プリキュアで初の男性戦士のキュアゴリラとしてプリキュアの良さ素晴らしさを伝えている。

(ちなみに二番目の男プリキュア戦士はHUGっと!プリキュアに登場する若宮アンリがキュアアンフィニに変身する。)

テレビ番組で惜しみもなくプリキュア好きを披露し、恥ずかしさだとかいい歳したおっさんがとか、そんなチンケなことなど気にせずひたすらに応援し続けるキュアゴリラ。娘さんが見なくなっても彼はいまだに戦士の活躍を追い続ける姿。

Youtubeですごく見たいと思っていた。

期待に応えてくれた。キュアゴリラによるプリキュア講座!

YouTube

初代からトロピカルージュまで一つ一つ丁寧に説明するというもの(ヒープリとスタプリがまだがっつり見ていないのでこの二作品のみ後で必ず見ることを約束した)

感心したのはしっかりと映画まで把握していたことだ。ライダーやウルトラマン、戦隊と役者が忙しくてスケジュールが難しいなどで全員が揃うなんてことがまずない。だが、アニメであるプリキュアは、声優さんの都合もあるがキャラクターが一斉に集まるという大盤振る舞いは可能で、常にオールスター状態だ。

だが、流石に近年だと全キャラ登場というのも難しいので、その年代に近いプリキュアのみで一本の映画になっている模様。

(仮面ライダー・スーパー戦隊(基本赤のみ)が歴代のヒーロー全員登場!となって戦うが、ぶっちゃけ訳がわからなくなってるので、全部出て欲しい豪華だ!って気持ちなりたいが、厳選してもらった方が見やすい場合もあるので良し悪しだ)

ふたりはプリキュア!+ふたりはプリキュアMax Heart (テーマは白と黒)

世界を闇に染めようとする悪の勢力ドツクゾーンから地球を守りプリズムストーンを集め、精霊達を助けるストーリー。

キュアブラックに変身する美墨なぎさ(本名陽子)

(仮面ライダーブラックで本名さんは夢少女・ユキ役で登場しており、のちに声優としてキュアブラックを演じるという「不思議なことが起こったのだ」)

キュアホワイトに変身する雪城ほのか(ゆかな)

(野菜畑で、さまざまな野菜について語るシーンがあり中でもケールと言うアブラナ科の野菜について触れており、そういえばのちにサイヤ人かするんだよなこの声優さんと思った)

ふたりはプリキュア Splsh ⭐️Star(テーマは花鳥風月)

滅びの力で世界を支配しようとするアクダイカーン達から、泉の郷にある7つの泉を取り戻す。と前作と同じキーワードを引き継いだストーリー。性格も正反対な二人がふとした偶然により出会い、友情を育んで敵を倒していく

キュアブルーム・キュアブライトに変身する日向咲(樹元オリエ)

キュアイーグレット・キュアウインディに変身する美翔舞(榎本温子)

一人で二つ名称があるのはいわばタイプチェンジで、テーマの通りに空や月、大地や風から力を得て変身している。後から仲間になるプリキュアは存在せず、ほぼふたりで戦い抜くためにこう言う形にしたのか。また主人公=ピンクプリキュアの走りになったのもこの作品から。

プリキュア5+GOGO!(チョウ)

キュアゴリラが観るきっかけになった作品。

「ふたりは」が外れ名前の通り五人制となりプリキュア版スーパー戦隊のような大人数となった。各自に専用のスキル・必殺技が与えられ変身シーンも一人一人描かれていく。また、ココとナッツは従来の妖精なのだが、人間の姿になることも出来かなりのイケメンである。このスタイルものちのシリーズに出てきている。

キュアドリームに変身する「夢原のぞみ」(三瓶由布子)

キュアルージュに変身する「夏木りん」(竹内順子)

キュアレモネードに変身する「春日野うらら」(伊瀬茉莉也)

キュアミントに変身する「秋元こまち」(永野愛)

キュアアクアに変身する「水無月かれん」(前田愛)

妖精ミルク(仙台エリ)が変身して美々野くるみになってミルキィローズに変身する

のちに工藤真由さんと宮本佳那子さんがプリキュアの主題歌に関わり、宮本さんは後に歌だけじゃなくキュアソードの剣崎真琴役にも起用される。(アイカツやマニアックなアニメのロボットガールズなど声優をしている)

フレッシュプリキュア!(テーマはフルーツ・ダンス・四葉のクローバー)

女児向けに展開されてきたシリーズだが、幅広い年齢層にも楽しんでもらえるようにキャラクターの頭身を増やし、ストーリー性を濃く、謎の四人目のプリキュアと気になる展開を散りばめた作品。

敵側も世界征服を企むもの達・・・ではなく、同じ人間が敵というまたシリーズに新しい風を吹き込む。最近「変なこと」で有名になった「パラレルワールド」、並行世界多元世界など割と今では珍しくない設定だが、当時のプリキュアに取り入れる大胆さ。大人が意外とハマるのもわからないでもない。

キュアピーチに変身する桃園ラブ(沖佳苗)

キュアベリーに変身する蒼乃美希(喜多村英梨)

キュアパインに変身する山吹祈里(中山亜紀子)

ラビリンスの幹部イースが東せつなと名乗り、後にキュアパッションに変身する

アマゾンプライムプリキュアを観よう↓

ハートキャッチプリキュア!(花・ファッション)

キャラクターデザインが「おジャ魔女ドレミ風」になっているのが特徴。前作の等身大と比べても、ふたりはシリーズと比べてもだいぶ違う。原点回帰を意識したテイストで、二人から始まり徐々に仲間が増えていく構成だが、主人公のつぼみが「内気で消極的な子」という元気一杯の女の子というプリキュアシリーズには珍しい設定が組み込まれた。逆にその元気一杯な感じを相棒のえりかが担当し、バランスの良い組み合わせになると目新しさもあった。

水樹奈々、桑島法子、水沢史絵、久川綾、坂本千夏と強力な戦士達が活躍したプリキュア。

キュアブロッサムに変身する花咲つぼみ(水樹奈々)

キュアマリンに変身する来海えりか(水沢史絵)

髪のボリュームが一番どえらいことになるキュアサンシャインの明堂院いつき(桑島法子)

キュアムーンライトに変身する月影ゆり(久川綾)

伝説の戦士で伝説の一回、キュアフラワー(坂本千夏)

アマゾンプライムでプリキュアを観よう↓

スイートプリキュア♪(テーマ音楽・組曲・友情)

テーマにある通りに音楽と友情が強く押し出され、人間関係のドラマ性が従来の女児向けとは思えないギスギスした描写が多いという。しかし、そういう正面でぶつかりあったからこそようやく分かり合えた時の感動があるのだろう。

音楽をテーマに置いていることから、敵を倒すだけじゃない癒すことであるとマクロス7の戦いだけじゃなくて歌でなんとかしたい!という強い気持ちが伺える。

小清水亜美さんと折笠富美子さんは「明日のナージャ」にて共演している(主人公ナージャと歌姫シルヴィー)こういう声優繋がりを知るのも面白い。

キュアメロディに変身する北条響(小清水亜美)

キュアリズムに変身する南野奏(折笠富美子)

マイナーランドのセイレーン(黒猫)が黒川エレンと名乗り、キュアビートとなる(豊口めぐみ)

キュアミューズに変身する調辺アコ(大久保瑠美)

アマゾンプライムでプリキュアを観よう↓

役40分近くプリキュアの作品を語るキュアゴリラ。

記憶力も素晴らしく、変身前と変身後をしっかりと覚えており唯一間違えたのが「ハグプリ」のえみるとキュアマシェリをミルキーと間違うくらいか(こっちは動画編集者が間違えている)

それにしたっても、いくら好きとはいえ瞬時に言うと言うのは難しい。顔やセリフ、声などは覚えてるけど名前なんだっけかなぁ?となるなど当たり前な話。だが、それでも見事に「好きだ」という気持ちが感じられ、飽くなきプリキュア愛は続いていることでこちらもまた「トロプリ観よう」となるわけだ。

キュアゴリラどの引き続きプリキュア関連のYoutube企画続けてください。必ず見ます。ヒト作品ずつ熱くお願いします。

吉本芸人繋がり↓

EIKOちゃん動画系 RPG tシャツ Youtube うどん けいちょん さまぁ〜ず よしもと芸人 よゐこ アクション アクションアドベンチャー アドベンチャー アニメ・漫画 インディーゲーム インドネシア ウマ娘 エガちゃんねる カップ麺 ガーリィレコード コンビニ コーヒー ジャンプ系 スイーツ ステーキ ストップモーションアニメ スナック スーパーファミコン ドライブ ノベライズゲーム ノーカテゴリー系 ハクスラ パン プログラミング ホラーゲーム ポケモン ポケモンGO メンタル系 モンハン レトロゲーム 台湾 宮迫です 少しHなゲーム 感動系 旅巡り、放浪、情緒。 貴ちゃんねるず

タイトルとURLをコピーしました