今日見たYoutube

新たな復活!?陣内智則による四八(仮)実況プレイに注目が集まるかも?

ポイント

モニターに映された映像にツッコミを入れる変わったスタイルのお笑い芸人「陣内智則」が、独自に展開しているYoutubeチャンネルにて「クソゲー」、いわば低評価より低評価のゲームにチャレンジする企画がスタートしていた。

 

今まで陣内さんがプレイしたゲームは・・・・

 

ファイナルソード DefinitiveEdition

韓国のエイチユーピー(HUP)ゲームズから開発・発売されたインディーゲーム

「エンタの神様で陣内のネタで出てきそうなゲーム」など、かなり癖が強くKOYT(クソゲーオブザイヤー)に選ばれるほど良くも悪くも話題となった。

まったく遊べないレベルの出来というわけではないため、RTA(リアルタイムアタック)チャレンジ動画が盛んであり、公式も投げたりせずアップデートを更新したりとクソゲーと呼ばれながらもファンを獲得している。

引用元→MyNintendoStoreより

 

 

 

 

他にも視聴者からのリクエストからクソゲーにチャレンジしており、

 

 

 

2008年KOTY次点にに選ばれてしまった、バンダイナムコゲームスから発売された藤子不二雄Ⓐ原作「プロゴルファー猿」

開発元は「エイティング(8ing)」

ブラッディロアシリーズ・ナルトシリーズ・BLEACHシリーズ・アイシールド21シリーズ・仮面ライダーシリーズ・モンスターハンターシリーズ・ファミスタシリーズなどの開発に関わっている。現在はコロプラの子会社

 

同じく「タムソフト」

主なタイトル 闘神伝・チョロQ・SIMPLE1500シリーズ・お姉チャンバラ・ドリームクラブ・閃乱カグラ・ネプテューヌシリーズ・銀魂・キャプテン翼のゲームにも携わっている

 

「サンデー&マガジン50周年」企画の一環で制作されており、上記のデベロッパーは数々の人気作品に名を連ねていて藤子不二雄Ⓐの名前に泥を塗らないよう失敗など許されないそんな空気で作られたはずだが・・・

キャラゲーなのにキャラが少ない

個別の展開や原作では見られないIFストーリーの展開・・・が実装されていない

ゴルフゲームなのに1コースで回るホール数が足りてない

ロードが長いなど割と我慢強い人間にしか向いていないゲームとなっている。

「あの」ファミ通クロスレビューも最低点を叩き出し、〇〇周年記念作品といった銘打ったゲームは気合いが入りすぎて(優しく言うと)どこか空回ってしまい、こういう残念な結果になるパターンが見られた。

それでも本作はKOYT「次点」なのだが、よりにもよって同じ「wiiソフト」で同じサンデーに掲載されたスポーツ漫画の

 

 

「MAJOR」がラインナップされるという、当時は妙な盛り上がりを見せていた。

 

ちょっとした段差で命を落とす超リアル思考型ゲーム「スペランカー」やハードすぎるモード「人生ゲーム」など、これからもクソゲー挑戦者として陣内智則は新たな挑戦を続けるのであった。

満を持して「48」の世界へ

四八(仮)

 

 

SFCソフト「学校であった怖い話」、

続編である「アパシー学校であった怖い話」などで有名な飯島多紀哉の代表作となってしまった「四八(仮)」

知るぞや知るゲームボーイソフト「ONI」シリーズ、

PCエンジンソフト「ラストハルマゲドン」、

陣内氏と同じ吉本芸人繋がりで「R藤本」のゲームチャンネルで実況プレイされた「晦‐つきこもり‐」と誕生させてきたが、

それらを覆すほどの「かのゲーム」は衝撃的だった。

 

画像引用元→Amazon アパシー 鳴神学園七不思議 より

 

 

 

およそ数十年ぶりにコンシューマで発売され、ホラー好きのゲーム実況者の影響か広く知られることとなった「アパシー版」

飯島作品で「ONI」シリーズに思い出がある筆者としては、実況者の動画(レトルト君の動画を参考にしました)からだがいずれプレイしてみたい。

それとは別に今回「四八(仮)」のことをブログにしたかというのは、「四八(完全体)」となり得る可能性をまだ捨てきれていない想いがあったからだ。

話題に話題が呼ぶと、原作者は無視できなくなる・・・かもしれない。

 

では、四八(仮)のどこが駄目だったのか?

「47都道府県で語られる実際の都市伝説をモチーフにしたADV」とあるように、

日本の各県一つ一つを選んで物語を読み解いていくスタイル。

伝奇や都市伝説など科学だけでは解明できない「謎」に関わった人達の体験談をプレイヤーは静かに聞くわけだが、

シナリオのルート分岐次第で登場人物の生死にかかわるなど大きな展開があり、

他の県のストーリーにも影響を及ぼすほど深く濃厚でやり込み豊富なシステムがADVの中でも一線を画す・・・はずだった。

余談だが大体このゲーム知っている人は「ヨンパチ」と呼んでいるが

陣内さんは「四拾八」としっかりと題名通りに読んでおり、

ちゃんと読んでる人久々に見たなという新しい風を個人的に感じた。

ここがKOYTだよ四八の壺

  • ホラー展開だが「選んだ県」と関係ない話で終わる
  • 登場人物のちょっとしたドッキリ体験を語るだけで数分で終わる
  • ヒバゴンに代表されるように「何の話?」と首を傾げる
  • 分岐があまり意味を成していない
  • ボイスが実装されているのに、実写と合っていない
  • 進行に影響を及ぼすフリーズなど、バグの方がホラーとか言われる

陣内氏のゲーム実況で観られたように、

唐突に終了する展開が普通に起こり「ひとたび」暗転するものなら「完」に期待してしまう

傍から見ると楽しいがプレイしている当人はあっけに取られているだろう。

Youtubeで多人数で楽しんでいるからいいものの、

夜中に一人で「四八(仮)」をプレイしたと想像すると

「虚しい孤独のツッコミ」している姿は哀愁すら感じる。たぶん。

 

 

この出来の残念さに既視感があるとしたら?

ファミコンソフト、たけしの挑戦状にてビートたけしのアイディアを入れるに入れまくったら、

「こんなゲームにマジになっちゃってどうするの」が誕生した。

バトルロワイヤルやアウトレイジより、危険な世界観を生み出したわけだが

「四八(仮)」も、豪華なゲストや47都道府県という大ボリュームで盛りに盛ったら

「不味くなった」のは過去のクソゲーを反面教師に出来なかった奢りであろうか?

 

幸いにも陣内氏からの「ツッコミ」しがいがあるゲームと判断されたのか、今後もゲーム実況が続けられる模様。

正直、飯島多紀哉氏は黒歴史として月の宮殿に封印したいと思われるが、いつか「完全版」を求めたいところ。「完全版商法」はまったくというほど好ましくないがこのゲームに関しては別だ。

クソゲーオブザイヤー2007年大賞【四八(仮)】クソゲー界の衝撃作に陣内が挑む!理解不能のゲームに大絶叫!

ナイーブドッグ naive dog ゲーム ブログ Youtube COROMO インディーゲーム ニコが来た 

今日見たYoutube

2023/1/13

ゲームクリエイター桜井政博から学ぶ、企画コンセプト【02】

2022年8/25に投稿された「星のカービィ」【企画コンセプト】 ご存知! 初代ゲームボーイはこれ。画像はAmazonスポンサーリンクより 動画のポイント、感じたこと 1992年に発売された画期的なゲーム 桜井さんが19歳の時に企画したカービィのプロット。 すでに、カービィというキャラクターは完成しており、敵やモノを吸い込む、吸い込んだモノを頬張りながら移動できる、吸い込んだモノを発射して攻撃する、飲み込んで消化するという基本は30年経っても色褪せずに残っている。 最大の特徴といえば、マリオやロックマンな ...

ReadMore

ナイーブドッグ naive dog ゲーム ブログ Youtube COROMO インディーゲーム ニコが来た 

今日見たYoutube

2023/1/13

ゲームクリエイター桜井政博から学ぶ、止めるとは?【01】

2022年08/04に投稿された「大事なところはストップ」【仕様】について ヒットストップ演出とは? ギャフン! 敵を倒した時や味方がやられた時など一瞬止まることで、プレイヤーはより実感できるように工夫されている 動画のポイント、感じたこと 動画内に出てくるディフェンダーとは? 1980年にピンボール機・ビデオゲーム機で有名なウィリアムス社が開発したアーケードゲーム。世界初のシューティングゲームで、ビデオゲーム・オブザイヤーを受賞するほどの、大ヒット作品。 続編には、スターゲート(ディフェンダー2)が発売 ...

ReadMore

OMORI 精神科医 名越先生 ゲーム散歩 

今日見たYoutube

2022/12/31

精神科医と行くOMORIの世界を改めて見る【その4】

精神科医と旅するOMORIの世界Vol.4。 今回は、ヘッドスペースでの冒険から、現実世界がメインの話で引きこもりの少年サニー目線で進行する。 児童相談所で勤めていた経験から、彼の生活に対する分析は非常に面白く。また、 筆者は二周目ということもあり、初プレイ時には気が付かなかった点など改めて知ることもできたので、進捗状況は穏やかだが、相変わらず濃厚で見応えがあります。 過去の記事はこちら 今回の見所 1:00〜5:00 何か待っている? 5:10〜23:00 ここから物語がはじまるのか 23:20〜ラスト ...

ReadMore

ゲームさんぽ Youtube 実況アナウンサー ウイニングポスト ゲーム実況

今日見たYoutube

2023/1/10

競馬の実況者はなぜ噛まない?アナウンサーと「ウイニングポスト」をゲーム散歩するを見る

競馬を楽しむのは競走馬だけではない。 環境を楽しむのも一環で、モニター越しでは味わえないリアルタイムで観客と一緒になり、それに重なる熱い実況を生で聞くことに意義がある。 ウマ娘というゲームで競走馬をアイドル化させているが、リアル競馬でもアイドルのライブを見に行っているような感じで応援していると解釈すると面白い。 当然、そこには金額が絡む内容なので全員がそういう目線で見ているわけじゃないが、独特の雰囲気を味わいたいから遠出してまで競馬場へ赴く気持ちもわからないわけじゃない。 これはどのスポーツでも、盛り上が ...

ReadMore

オモリ 精神科医 名越康文 OMORI うつ病 ホラーゲーム

今日見たYoutube

2022/12/31

精神科医とゲーム散歩するOMORIの世界【3】バジルは何かを隠している。

世間の悪いニュースばかりで気が滅入ってくる最中、どうしてもゲーム系や笑いのYoutubeの動画ばかり見るのは当然で、少しでもメンタルの癒しをしたいという願望。 リアルタイムにこそ価値があり、アーカイブやスタッフによる編集されたものは面白いけど、リアルで対話できる機会は失われている。 「とにかく、一緒にいた気分になって話したい」 とあるゲーム実況が、なぜこれほどまでに注目されている理由はシンプルだが絶大だった。 だから、仕事で忙しくても「みんな」を楽しませたいとい気持ちで疲れてても、ほんとうは別なゲームがし ...

ReadMore

NAIVE SHOPはこちら

-今日見たYoutube