Black cafeーゲーム動画をコーヒーでも飲んでゆったりとー

ちゃんと読んでる?利用規約を読み飛ばす人に伝えたい、弁護士とゲームさんぽ【2】

スポンサードリンク



マインクラフトの利用規約をわかりやすく解説

マインクラフトに似たゲームのブロッキーでピクセル化された美学に触発されたクレヨン調のイラスト。シーンには、カラフルでブロッキーな世界にいる棒人間のキャラクターが描かれている。キャラクターはピッケルなどの道具を持ち、キュービックな構造の木、家、風景に囲まれている。周りにはピクセル化された動物や植物があり、空はブロッキーな雲と明るい青色で、地面には典型的なグリッドパターンがある。

「Minecraft」の利用規約は、プレイヤーとゲームの制作者であるMojang ABとの間の重要な契約です。これは、マインクラフト、その関連ウェブサイト、Minecraft Realmsなどを使う際のルールを定めたものです。この契約には、マインクラフトのクライアントやサーバーソフトウェア、Minecraft Online、Minecraft Realms、Minecraft: Java Edition、そしてゲームのアップデートやダウンロード可能なコンテンツなどが含まれます。

プレイヤーがこれらの規則に従わない場合、Mojangはゲームの使用を停止させることがあります。そして、必要に応じて弁護士の助けを借りることもあるんです。マインクラフトをプレイすること、Mojangのウェブサイトを使用すること、Mojangアカウントを作成することは、この契約条件に同意したことを意味します。

トゥーンアイドリングベリー基本
アイドリングベリー

長くて全部読んだら半日かかるかもしれない利用規約、そんなよく見る内容を面白おかしくゲームさんぽする第二弾!

トゥーンアイドリングベリー笑う
アイドリングベリー

ちなみに関連記事はこちらだ

関連日関連記事先
2023年11月1日マイクラで作った裁判所をさんぽしながら、著作権などについて学ぶ「ゲームさんぽ」
2023年11月9日ちゃんと読んでる?利用規約を読み飛ばす人に伝えたい、弁護士とゲームさんぽ​​
2023年11月17日意識してみるゲームさんぽと弁護士によるゲーム実況のガイドラインを学ぼう​
track?id=19656&type=editor&u=325c6c57 52ce 44e8 8d07 c27b061a10dd

「ゲラゲラ笑いながら利用規約を読む会」の動画レビュー

【実はおもろい】ゲラゲラ笑いながら利用規約を読む会feat.シティライツ法律事務所/ゲームさんぽ×マイクラ:ゲームさんぽ /よそ見

「ゲラゲラ笑いながら利用規約を読む会feat.シティライツ法律事務所/ゲームさんぽ×マイクラ」というYouTube動画は、ゲームさんぽ /よそ見チャンネルが2023年11月9日に公開したもので、約21分39秒の長さです。この動画は、シティライツ法律事務所の水野祐氏と前野孝太朗氏、よそ見のいいだ氏、そしてさんぽ市民のカズマサ氏が出演しています。

動画では、マインクラフトの利用規約やエンドユーザーライセンス同意書(EULA)について話し合われており、法律文書としての利用規約の役割や、ユーザーとのコミュニケーションツールとしての重要性に焦点を当てています。また、ゲーム内コンテンツの所有権や知的財産権、特にユーザーが作成したコンテンツの権利についても詳しく解説されています。

利用規約の理解と重要性

利用規約の概念を描いたクレヨン調のイラスト。シーンには、「利用規約」とラベル付けられた大きな開かれた本を読む棒人間のキャラクターが描かれている。キャラクターは手に拡大鏡を持ち、思慮深い表情をしており、法的文書を理解する際に必要な細部への注意を象徴している。キャラクターの周りにはプライバシーの鍵、合意の握手、時間制約の時計など、様々な条項と条件を表すアイコンがある。背景はシンプルでカラフルで、利用規約の重要性と複雑さを楽しく、親しみやすい方法で強調している。

利用規約は、ゲームをプレイする際に従うべきルールや条件を定めたものです。これは、プレイヤーとゲーム制作者との間の合意事項を示しており、ゲームの安全かつ適切な使用を保証するために設けられています。利用規約には、ゲームの適切な使い方、禁止されている行為(例えば、不正コピー、ハッキング、嫌がらせなど)、そしてユーザーに許される範囲が具体的に記されています。このルールに従うことで、プレイヤー自身の権利が保護されると同時に、ゲームコミュニティ全体の健全な環境が維持されます。

エンドユーザーライセンス同意書(ULA)についての簡単な解説

エンドユーザーライセンス同意書(EULA)の概念を描いたクレヨン調のイラスト。シーンには、「EULA」とラベル付けされた大きな詳細な文書の前にいる棒人間のキャラクターが描かれている。キャラクターはペンで文書に署名しており、合意と受諾を象徴している。キャラクターの横には、ソフトウェアがインストールされているコンピューターがあり、EULAの文脈を示している。シーンの周りにはセキュリティのための南京錠、合意のチェックマーク、ソフトウェアを表すバイナリコードなどのシンボルがある。背景はカラフルで魅力的で、デジタルな文脈でのEULAの理解と同意の重要性を伝えている。

エンドユーザーライセンス同意書(EULA)は、ゲームやソフトウェアを使う際にとても大切な部分です。特にマインクラフトのようなゲームでは、プレイヤーがゲームをダウンロードして遊ぶ前に、このULAに同意する必要があります。簡単に言うと、ULAはゲームを使うルールのようなもので、プレイヤーがゲームをどのように使っていいのか、どんなことをしてはいけないのかを説明しています。

例えば、ゲームを不正にコピーしたり、他の人に無断で配布することは禁止されています。また、ゲームの中で自分だけのコンテンツを作ることはできますが、それに関する特定の権利はゲームの制作者に属することもあります。ULAは、プレイヤーとゲーム制作者との間の約束事であり、安全で楽しいゲーム環境を守るために重要な役割を果たしています。

知的財産権とゲーム

知的財産権のテーマを持つクレヨン調のイラスト。棒人間のキャラクターが創造的な作品の上に保護的に立っており、著作権のシンボルがある文書が隣にある。上部には保護と権利を表す盾が描かれている。背景には法律と創造性に関連する抽象的なシンボルが含まれ、知的創作物の保護の重要性が強調されている。

知的財産権は、ゲームの創造物に関連する法的な概念で、ゲームのデザイン、ストーリー、キャラクター、音楽、アートワークなどを保護します。これらの要素はゲーム制作者の創造的な努力の結果であり、著作権や商標権などによって保護されています。知的財産権により、ゲーム制作者は自分たちの作品を不正なコピーから守ることができ、プレイヤーはオリジナルのゲーム体験を楽しむことができます。また、プレイヤーが作成したコンテンツも、一定の条件の下で知的財産権の保護を受けることがあります。

「ゲラゲラ笑いながら利用規約を読む会」のような動画は、これらの複雑なトピックをより理解しやすく解説しており、ゲームプレイヤーにとって貴重な情報源となっています。利用規約、所有権、知的財産権についての知識は、ゲームをより深く、そして責任を持って楽しむために不可欠です。

デジタル時代の法の新星:シティライツ法律事務所

法律事務所を描いたクレヨン調のイラスト。シーンには法律書籍で満たされた本棚、法律文書があるデスク、コンピューターが描かれている。一人の棒人間弁護士がデスクで仕事をしており、別の弁護士がクライアントと相談している。壁に掛けられた資格証明書、小槌、正義の天秤など、典型的な法律事務所の要素が含まれている。

シティライツ法律事務所は、インターネット時代以降のビジネス、テクノロジー、カルチャーに深く関わる法律サービスを提供しています。この事務所は、新規事業や経営戦略に関するサポートを得意とし、テクノロジーとクリエイティビティの分野で豊富な経験と専門知識を持つ弁護士たちで構成されています。

事務所のイラストは、楽しく軽快なスタイルで描かれており、弁護士がクライアントと話をしているシーンや、デスクで働く様子を見ることができます。イラストの背景には、法律書籍、資格証明書、小槌、天秤など、法律事務所の典型的な要素が配置されています。

シティライツの主要人物:水野祐と前野孝太朗

水野祐弁護士は、東京弁護士会に所属し、シティライツ法律事務所の重要なメンバーです。彼はテクノロジー、クリエイティブ、都市・地域活性化の分野で幅広いクライアントにサービスを提供しています。Creative Commons JapanとArts and Lawの理事を務め、九州大学グローバルイノベーションセンター(GIC)と慶應義塾大学SFCで非常勤講師として活躍しています。また、彼の著書『法のデザイン −創造性とイノベーションは法によって加速する』やWIRED JAPANでの連載は、法と創造性に関する彼の深い洞察を示しています。

citylights.law/team/水野-祐/

一方、前野孝太朗弁護士もまたシティライツ法律事務所の弁護士で、第二東京弁護士会に属しています。IPO支援やベンチャー法務、特にゲームやネットコンテンツ関連のエンターテイメント法務に焦点を当てて活躍しています。彼は企業法務や新規サービスのサポート、資金調達、ストックオプション発行、景品表示法の研修講師など多岐にわたる分野で貢献しており、趣味としてゲームやクラシック音楽の演奏、家電調査、野球観戦に熱中しています。特に、修習中にゲーム会社での経験を積んだことは、彼のキャリアにとって大きな意味を持っています。

citylights.law/team/前野孝太朗/

シティライツ法律事務所は、デジタル時代の法的課題に革新的なアプローチを持ち、水野祐弁護士と前野孝太朗弁護士のような才能ある人材がその強みを形成しています。彼らの情熱と専門知識は、この分野での事務所の卓越した地位を確立しています。

利用規約を楽しく読むゲームさんぽを見た人たちの声、

複数のパネルに分かれたクレヨン調のイラスト。それぞれのパネルには、異なる動画を楽しむ棒人間のキャラクターが描かれている。最初のパネルではキャラクターが携帯電話でコメディ番組を見て笑っている。次のパネルでは、キャラクターがラップトップでドラマシリーズに夢中になっている。三番目のパネルには、VRゴーグルを装着して没入型ビデオを体験しているキャラクターがいる。最後のパネルでは、友達のグループがタブレットの周りに集まり、スポーツイベントを見ている。
image 16

「このシリーズ、ゲーム実況者にバッチリヒットするよね😂 水野さんが裁判でマイクラの規約を持ち出す場面、笑い止まらなかったわw」

「この回が面白いかって?私たちの世界ではこれがまさに神回!細かいツッコミどころが尽きなくて、画面が進まないのがたまらなく好きなんだよね😆」

image 17
image 18

「ゲームさんぽは、一人では見落としがちな魅力をゲストと共に引き出してくれるのが素晴らしい。今回の「常識の範囲内」のテーマも、水野先生の心配とは裏腹に、めっちゃ楽しんでるよ!」

「いいださんが作った親しみやすい「ゲームさんぽ」のおかげで、こんなニッチだけど勉強になる内容を知ることができている。ただゲームをするだけじゃなく、ゲームにまつわるあらゆる事をさんぽして知るのは、本当に素晴らしいと思うよ。これからも楽しみにしてる!」

image 19
image 20

「今時、利用規約を読まずに進めるのが普通になってるけど、規約で楽しむ余地があるっていいよね!問題が起きた時にその重要性が分かるってわけだ。」

「昔のフリーソフトや素材の「常識の範囲内」って、使う側としてはドキドキしたものだよね。Minecraftみたいに自由度が高くて幅広い層に使われるものだと、常識の範囲が明確にされてると本当に助かる。文化によって常識も変わるからね。こんなに規約が面白いとは思わなかったし、勉強になる話だったよ!」

image 21
image 31

「めっちゃ面白かった!SNSとかで“面白ければOK”みたいな風潮があるけど、実際は著作権侵害が横行してるよね。法務担当者がどう権利者とユーザーのバランスを取るか、その試行錯誤が感動的だった。動画配信や著作権のグレーゾーンについても話してほしいな!」

「マイクラだけじゃなく、任天堂もユーザーコンテンツの権利定義に悩んでるんだよね。マイクラのマップを作って売るのが違反かどうか、この話だけじゃ不明だけど、常識の範囲内で解決するのかな?」

image 32
image 16

「水野さんの“ゲームはユーザーが遊んで初めて価値が出る”って話、めっちゃ共感する。ゲームの本当の価値ってそこにあるよね!」

ゲームと法律の面白い交差点:「ゲラゲラ笑いながら利用規約を読む会」のまとめ

「ゲラゲラ笑いながら利用規約を読む会feat.シティライツ法律事務所/ゲームさんぽ×マイクラ」の動画は、法律とゲームの世界が融合する珍しい機会を提供してくれました。水野祐氏、前野孝太朗氏、いいだ氏、そしてカズマサ氏の出演により、マインクラフトの利用規約やエンドユーザーライセンス同意書(ULA)が、ただの法律文書ではなく、エンターテインメントと教育を兼ね備えたコミュニケーションツールに変わりました。

視聴者のコメントからも、この動画がゲーム実況者や法律に興味を持つ多くの人々にとって、ただ笑いを提供するだけでなく、知識を深める機会にもなっていることがわかります。ゲーム内コンテンツの所有権や知的財産権、そしてユーザーが作成したコンテンツの権利についての詳細な解説は、ゲームの楽しさと法的側面のバランスを見事に示しています。

「ゲームさんぽ」のこのエピソードは、単なるゲームの遊び方だけでなく、ゲームにまつわる法律的な側面についても学ぶことができる素晴らしいコンテンツです。利用規約を読まずに進めがちな今、このような内容は視聴者にとって新しい視点を開くものです。もしまだ見ていないなら、ぜひチェックしてみてください。そして、この動画から得た知識や感想を友人や家族と共有し、ゲームの世界をより深く理解しましょう。

トゥーンアイドリングベリー基本
アイドリングベリー

こういうゲームのプレイとは全く視点が違うところに着目するというのは万人受けはしないが、ゲーム実況を見るとはまた違った面白さを見出せる。もしかすればちゃんとこれから利用規約を読むかもしれない。。。私は自信がないけどな

おまけ:動画内に出てきた鈴木敏夫ライセンス

こちらは、スタジオジブリの代表取締役議長を務める鈴木敏夫様のとある写真が話題になったものをピックアップしております

簡易ブルネット
ブルネット

スタジオジブリによるこのオープンライセンスの取り組みは、従来の著作権法の枠組みとは異なる新しいアプローチを提示しています。この方法は、法律の枠内でありながらも、より柔軟でユーザーフレンドリーな利用を可能にするものです。

伝統的に、アニメのキャプチャ画像の使用は著作権法によって厳しく制限されてきました。特にインターネット上での利用に関しては、法的な許可がない限り基本的に禁止されています。しかし、実際には多くのユーザーが非商用目的で、例えばSNSのアイコンや個人的なブログでこれらの画像を使用しており、権利者はしばしばこれを黙認しています。

ジブリのオープンライセンスは、このような現実を踏まえた上で、「常識の範囲でご自由にお使いください」という非常にシンプルなガイドラインを設けることにより、利用者に対して明確なメッセージを送っています。これにより、利用者は法的なリスクを最小限に抑えつつ、ジブリ作品の画像を柔軟に使用することが可能になります。

このアプローチの重要な点は、利用者と権利者の双方のニーズをバランス良く満たしていることです。利用者にはよりクリアなガイドラインが提供され、権利者側は依然としてケースバイケースでの対応が可能であるため、自身の権利を守りつつ、より広範なコンテンツの普及を許容しています。

また、このオープンライセンスは、日本の文化的背景にも適していると言えます。日本では伝統的に曖昧さを許容する文化があり、「常識の範囲」という表現は、この文化的コンテキストに合った柔軟な解釈を可能にします。このように、ジブリのオープンライセンスは、法的枠組みを超えた文化的理解と実践的応用の組み合わせによって、新しいコンテンツ利用の道を開いています。

将来的には、このようなオープンライセンスの取り組みが、常識的なコンテンツ利用の範囲をさらに明確化し、クリエイティブ・コモンズのような広範なルールの形成を促進する可能性を秘めています。これは、ネット上でのコンテンツ利用を促進し、同時に権利者の権利を尊重する、バランスのとれた未来への一歩と言えるでしょう。

参考サイト:【弁護士から見る】ジブリ作品の写真提供の衝撃|デザイナー法務小僧 (note.com)


簡易ブルネット
ブルネット

もし、よろしければこちらの方もご興味ありましたらよろしくお願いします


いつものお知らせ(アフィリエイト広告)

toonbeerys トゥーンベリーズ うさぎしゃちょう ナイーブドッグ
リップ

毎度、ここいらでお知らせ入れさせてもらいますわ

image 107

Razer Edge Wi-Fiモデル Kishi V2 Pro Controller Bundle

このバンドルセットは、AndroidゲームとXboxゲームの両方で極上の体験を提供します。Snapdragon G3x Gen 1ゲーミングチップセットとアクティブ冷却機能が、高フレームレートでの長時間プレイを可能にします。6.8インチの144Hz AMOLED FHD+ディスプレイと、HyperSenseハプティクス搭載のKishi V2 Proコントローラーが、コンソールに匹敵する操作性と視覚体験を実現します。

Razer Blade 18 ゲーミングノートPC 2023年春モデル

18インチのQHD+ 240Hzディスプレイを備えたこのノートPCは、Intel第13世代Core i9とNVIDIA RTX 4060を搭載し、デスクトップ級のパフォーマンスを提供します。1TBのNVMe SSDと拡張可能な16GB RAMが、高速な読み書きとマルチタスクをサポート。5MPウェブカメラとTHX Spatial Audio搭載スピーカーが、どこでも高品質なエンターテイメントを実現します。

Razer Kraken Kitty V2 Pro Quartz Pink

このゲーミングヘッドセットは、交換可能なネコ、クマ、ウサギのイヤーデザインでスタイルを自在に切り替えられます。Razer HyperClearマイクとTriForceチタン50mmドライバーが、クリアな音声と高忠実度のサウンドを提供。7.1サラウンドサウンドとハイブリッドクッションが、長時間の快適な使用と没入感あるゲーム体験を保証します。

その他の芸能人ゲームYoutube

簡易ブルネット
ブルネット

お疲れ様でした、こちらがリンクになります

ドヤ顔の女の子

Black cafeーゲーム動画をコーヒーでも飲んでゆったりとー

2023/11/1

続・四八(仮)の世界で突っ込まざる得ない陣内たち【その2】

陣内智則が再び挑む「四八(仮)」の世界 【四八(仮)】もはやゲームを超えた!クソゲーオブザイヤー2007年の衝撃作に陣内昇天!つっこまずにはいられない:陣内智則のネタジン 「陣内智則のネタジン」というYouTubeチャンネルが2022年5月4日に公開した動画は、タイトルが「​1​もはやゲームを超えた!クソゲーオブザイヤー2007年の衝撃作に陣内昇天!つっこまずにはいられない」となっています。この約27分の動画は、55万回以上の視聴回数を記録しています。 四八(仮):クソゲーの極みとその魅力 動画の主題は、 ...

スイカ達が落下してくるゲーム

Black cafeーゲーム動画をコーヒーでも飲んでゆったりとー

2023/10/22

時間を忘れて楽しむ陣内とスイカゲーム、カキカキりんごりんご・・・

陣内智則のネタジン:あなたも参加したくなる楽しい世界 YouTubeで多くの人々が楽しむ「陣内智則のネタジン」。特に最新の動画「どうしてもスイカを作りたい!!大ブームのスイカゲームに熱中!!」は、公開から短期間で46,427回も視聴されています。1時間半にも及ぶという長さにも関わらず、視聴者は最後まで飽きずに見ているんですよ。陣内さんがどんなゲームに挑戦しているのか、皆さんも気になりませんか? みんなの楽しそうな声 いい大人が真剣に落ち物ゲームやるの、マジで面白い! 陣内さんとスタッフが緩いゲームで盛り上 ...

泣きじゃくる女の子

Black cafeーゲーム動画をコーヒーでも飲んでゆったりとー

2023/10/2

クソゲーを目指して作っているわけじゃない:ゲーム開発者が語るKOYTへのモヤモヤした気持ちを聞こう

「クソゲーオブザイヤー」(KOTY)は、年間で最も低品質なゲームをゲーマーたちが選出する、特異ながらも魅力的なイベントです。このイベントは2004年から「5ちゃんねる」(元「2ちゃんねる」)で始まり、毎年その名誉ある「不名誉」の称号が授与されています。 一般的な投票方式とは異なり、KOTYではプレイヤー自らがオンラインで選評を投稿し、その評価が集計されます。最終的に多数の参加者を納得させたゲームが大賞に選ばれるのです。 しかし、近年は多様な要因でイベントの勢いが失速。2017年には初めてモバイルゲームの大 ...

スマホを遊んでいる女の子

Black cafeーゲーム動画をコーヒーでも飲んでゆったりとー

2023/9/27

怒涛のツッコミで乗り切る「2択で育成ゲーム」をする陣内を見る

陣内のツッコミが冴える!! 【違和感JKのスタッフが作った!!】納得いかない理由に猛ツッコミ!!2択で育成ゲーム:陣内智則のネタジン 皆さん、こんにちは。特に陣内智則ファンと選択肢型ゲーム愛好者には見逃せない一本が登場しました。この動画のタイトルは「【違和感JKのスタッフが作った!!】納得いかない理由に猛ツッコミ!!2択で育成ゲーム」、公開日は2023年9月27日で、その長さは約21分18秒です。 このエンターテイニングな動画では、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属の名だたる芸人、陣内智則さんが「 ...

裁判で挙手しているイラスト

Black cafeーゲーム動画をコーヒーでも飲んでゆったりとー

2023/11/18

マイクラで作った裁判所をさんぽしながら、著作権などについて学ぶ「ゲームさんぽ」【1】

ゲーム実況:デジタル時代の新たなエンターテイメント ゲーム実況とは、ただのゲームプレイ動画ではありません。これはエンターテイメントの新しい形態であり、多くの人々にとって魅力的な存在です。ゲーム実況者、またはストリーマーと呼ばれる人々は、自分がプレイするゲームの画面を共有しながら、そのプレイを生き生きと実況します。YouTubeのようなプラットフォームでの彼らの活躍は、日々増え続ける視聴者数によって証明されています。 ゲーム実況の人気の秘密 この現象の背後にはいくつかの要素があります。まず、エンターテイメン ...

スポンサードリンク







  • この記事を書いた人
  • 最新記事

coromo

toonbeery'sの管理人です. このブログはウサギどもがワイワイやっております。 ゲーム、アニメ、漫画、食!など語っており、基本雑記に近い内容になってます。 基本、チャットGPTやミッドジャーニーなども使用しております。 noteしてます https://note.com/coromo_art

-Black cafeーゲーム動画をコーヒーでも飲んでゆったりとー
-