coromo

ネイビードッグの管理人です 東北で色々な所を旅したいと願うもの。 ゲーム(プレステ・switch・steam・ソシャゲ)を中心に、 アニメ(広く浅く)・ドラマ・映画など強い先入観でレビューしたり気になるワードなど誰が得するの?な部分を調べたりしています。 イラストもたまに描いたりとやれるだけやって気ままに過ごしてます。 そういう雑多なブログなので、あしからず。 インドのパン「ナン」を心の底から愛するものなので、同志を求めます。 noteしてます https://note.com/coromo_art

ゲーム日記・気になるゲーム

2022/5/23

【配信中止】となったMURDERHOUSE 懐かしのローポリだからこそ味わえる恐怖を体験せよ

1988年、とある廃屋となった民家をオカルト番組撮影のために訪れた四人。そこはかつて「死刑囚」が住んでいたらしく、子供が失踪した事件と何か関わりがあるのではないかと噂されていた。 インターン生とプロデューサーに小馬鹿にされる「エマ」は、すぐにでも帰りたい気持ちとは裏腹に小間使いのように「もしかしたらいるかもしれない」シリアルキラーが潜んでいる館を調べていくこととなった。 奇妙な現象と、子供の影など幻影が見え始め自分が正気じゃなくなっていくような感覚に見舞われながら、ついにその時は起こってしまった。 ローポ ...

ウマ娘のカサマツ編メンバートップ絵

アニメ・漫画

2022/5/19

笠松が産んだ名馬オグリキャップ「を」モチーフにしたウマ娘シンデレラグレイ杯行ってみたかったブログ

オグリキャップ-Oguri Cap- 画像引用元→netkeiba.com様より 1987年岐阜県の地方競馬 笠松競馬場でメイクデビューし 地方12戦10勝、中央競馬20戦12勝 スーパークリーク イナリワンとともに 平成三強と総称される競馬界を 大きく盛り上げた「芦毛の怪物」 勝ち鞍(ウマ娘にて史実通りに進めたい人用) 有馬記念 GⅠ (1988年・1990年)(88年二着タマモクロス・90年二着メジロライアン) マイルCS GⅠ (1989年)(二着バンブーメモリー) 安田記念 GⅠ (1990年)( ...

ゲーム日記・気になるゲーム

2022/5/26

【ようこそ】ネズミーランドへ、非道残虐な実験体から逃げろ!【RATUZ】

今回のインディーゲーム 今回は【BAD COFFEE GAMES】より「RATUZ」をプレイしました スーパーファミコンを彷彿とさせる懐かしさが含まれたグラフィック 滑らかに動くアクション 反対に理不尽な仕打ちがプレイヤーを ゲームオーバーに導く難しさ。 何度も繰り返すことにより突破していく【死にゲー】。 プレイヤーは果たして全員救うことが出来るのか? 【RATUZ】のシステム(最低でもこれくらいは)要件 最低 推奨 OS:XP プロセッサー:1.0GHz processor メモリー:512MB RAM ...

youtuber/芸能人

2022/5/4

新たな復活!?陣内智則による四八(仮)実況プレイに注目が集まるかも?

ポイント モニターに映された映像にツッコミを入れる変わったスタイルのお笑い芸人「陣内智則」が、独自に展開しているYoutubeチャンネルにて「クソゲー」、いわば低評価より低評価のゲームにチャレンジする企画がスタートしていた。   今まで陣内さんがプレイしたゲームは・・・・   韓国のエイチユーピー(HUP)ゲームズから開発・発売されたインディーゲーム 「エンタの神様で陣内のネタで出てきそうなゲーム」など、かなり癖が強くKOYT(クソゲーオブザイヤー)に選ばれるほど良くも悪くも話題となった。 まったく遊べな ...

ゲーム日記・気になるゲーム

2022/4/18

あの有名な【Ib】のリメイク登場、ホラーなのに切ないお話

ポイント 2012年2月に「Kouri」氏が制作したホラーチックアドベンチャー プレイした今作はリメイク版であり、当時使われていたRPGツクール2000で遊ぶことが難しいため10周年を記念して製作された 当時はフリーゲームであったが、Steam版は1300円と有料となっている ニコニコ動画などで大きな話題となり、登場人物やゲルテナ作品の一つ一つのアーカイブスがプレイヤーの想像力を沸き立たせ、ストーリー自体は短めながら様々な考察できたりと奥が深い 何も知らないプレイヤーと少女 (※初プレイのため、知識0状態 ...

プチラヴォス

ゲーム日記・気になるゲーム

2022/4/12

【Steamで遊ぼう】時をかけるRPG「クロノトリガー」【お金もかかるRPG】

今回のゲーム 1995年、スクウェアから発売されたスーパーファミコンソフト「クロノトリガー」 ファイナルファンタジーシリーズ生みの親である「坂口博信」   ドラゴンクエストシリーズ生みの親である「堀井雄二」   同じくドラゴンクエストキャラクターデザインおよびドラゴンボールの作者「鳥山明」   このエニックスとスクウェアの代表作に携わった三人による「ドリームプロジェクト」であり、 当時の雑誌で大々的にアピールされていたのを覚えている。 ファイナルファンタジー的なドラゴンクエス ...